ポルシェ、PHVを“体感”するイベント開催

2015.12.01 自動車ニュース
会場の中央にはレーシングカーの「ポルシェ919ハイブリッド」が展示されている。
会場の中央にはレーシングカーの「ポルシェ919ハイブリッド」が展示されている。 拡大

ポルシェ、PHVを“体感”するイベント開催

ポルシェジャパンは2015年12月1日から12月16日まで、東京ミッドタウン(港区赤坂)で同社のプラグインハイブリッド車を体験するイベント「THE SOUND OF PORSCHE」を開催している。

市販のPHVは「カイエンS E-ハイブリッド」(写真)と「パナメーラS E-ハイブリッド」が並ぶ。
市販のPHVは「カイエンS E-ハイブリッド」(写真)と「パナメーラS E-ハイブリッド」が並ぶ。 拡大
開催初日にはチェロ奏者の溝口 肇氏が特別ゲストとして招かれ、生演奏を披露した。
開催初日にはチェロ奏者の溝口 肇氏が特別ゲストとして招かれ、生演奏を披露した。 拡大
メディアステーションでは16種類のディスクを楽しむことができる。
メディアステーションでは16種類のディスクを楽しむことができる。 拡大
「ポルシェ911」のサーキットでの同乗走行を疑似体験できるバーチャルリアリティーコーナー。
「ポルシェ911」のサーキットでの同乗走行を疑似体験できるバーチャルリアリティーコーナー。 拡大

■実車試乗やバーチャル3D体験も

「THE SOUND OF PORSCHE」はポルシェのプラグインハイブリッド車の世界観を体感できるイベントとして世界各国で展開されており、東京はニューヨーク、ロンドン、上海、モスクワに続く5都市目となる。

会場にはポルシェのプラグインハイブリッド車が展示され、公道での試乗体験サービスを受け付けている。また、ポルシェにまつわるストーリーを映像と音で鑑賞できるメディアステーションや、まるでサーキットを走っているかのような体験ができるヘッドマウントディスプレイによるバーチャルリアリティーなども楽しめる。

開催初日の12月1日には、チェロ奏者の溝口 肇氏が特別ゲストとして招かれ、もうすぐ通算1万回を迎える長寿番組『世界の車窓から』のテーマ曲などを披露した。

ポルシェジャパンの七五三木 敏幸(しめぎ としゆき)代表取締役社長は「このイベントはわれわれにとって新たな取り組み。ぜひ、目で、耳で、体でポルシェを感じていただきたい」と語った。

(webCG)
 

関連キーワード:
カイエン, ポルシェ, イベント, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.1.16 試乗記 ダイナミックなエクステリアデザインをまとい、前後でサイズの異なるミックスタイヤを採用するなど、スポーツカーらしいキャラクターが一段と強調された3代目「ポルシェ・カイエン」。その走りの質を報告する。
  • ポルシェ・カイエン/カイエンS/カイエン ターボ【海外試乗記】 2017.12.8 試乗記 新型「ポルシェ・カイエン」に試乗。車体の軽量化に始まり、車載機器のデジタル化やパワーユニットの強化など、全方位的な進化を遂げた“3代目”の出来栄えやいかに!? ギリシャ・クレタ島からのリポート。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る