スバル・レヴォーグに上質な内外装の特別仕様車

2015.12.11 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」 拡大

「スバル・レヴォーグ」に上質な内外装の特別仕様車

富士重工業は2015年12月10日、「スバル・レヴォーグ」の特別仕様車「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」を発表。同日、販売を開始した。

「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。 拡大
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。 拡大
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」 拡大

今回のレヴォーグ1.6GT EyeSight S-styleは、パールスエードと本革を組み合わせた専用シートや18インチアルミホイール、上級グレード「GT-S」と共通のフロントデザインを与えることで、質感の向上が図られた特別仕様車だ。

具体的な特別装備は、以下の通り。
・パールスエード×本革のシート
・運転席8ウェイパワーシート
・18インチアルミホイール(シルバー塗装)
・フロントグリル(ダークメッキ+ブラック塗装)
・LEDロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ(ブラックベゼル)
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサーおよびリアフォグランプ)

ボディーカラーはクリスタルホワイトパール、アイスシルバーメタリック、クリスタルブラックシリカ、ダークグレーメタリック、ピュアレッド、スティールブルーグレーメタリック、ラピスブルーパールの全7色で、価格は291万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグ, スバル, 自動車ニュース

スバル レヴォーグ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • 第3回:ロータス・ヨーロッパ スペシャル 2017.3.29 スーパーカークロニクル スーパーカーとは何だろうか。排気量と価格で判断したら、「ロータス・ヨーロッパ」をそう呼ぶのはためらわれる。しかしヨーロッパはまちがいなくスーパーだった。この軽やかさ! レースとの絆は、同時代のフェラーリよりも濃いかもしれない。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る