赤にこだわったミツオカ・ビュートの限定車発売

2015.12.17 自動車ニュース
「ミツオカ・ビュート リュージュ」
「ミツオカ・ビュート リュージュ」 拡大

赤にこだわった「ミツオカ・ビュート」の限定車「ビュート ルージュ」発売

光岡自動車は2015年12月17日、コンパクトセダン「ビュート」の特別限定車「ビュート ルージュ」を発表した。同年12月18日に販売を開始する。

エクステリアに合わせて、インテリアも赤系のカラーで統一される。
エクステリアに合わせて、インテリアも赤系のカラーで統一される。 拡大
専用の刺しゅうが施されたシート。座面や背もたれ、ヘッドレストには、イントレチャート(革の編み込み)をかたどった合成皮革が採用されている。
専用の刺しゅうが施されたシート。座面や背もたれ、ヘッドレストには、イントレチャート(革の編み込み)をかたどった合成皮革が採用されている。 拡大
「ビュート ルージュ」のリアビュー。
「ビュート ルージュ」のリアビュー。 拡大
トランクリッド(写真)とボンネットには、専用のエンブレムが添えられる。
トランクリッド(写真)とボンネットには、専用のエンブレムが添えられる。 拡大

ビュート ルージュは、「ビュートDX」をベースに「いつまでも美しくありたいと願う女性のために、素材や色合いを厳選して内外装を仕立てた」とされる特別限定車。現在、ビュートユーザーの7割近くを女性が占めることもあって、今回の企画が実現した。

最大の特徴は、口紅をイメージしたという、ソリッドな「ルージュレッド」のボディーカラー。ボンネットとトランクには、ルージュを使って走り書きしたような書体の専用エンブレムが添えられる。
インテリアカラーには、同じく赤系のスーパーレッドを採用。美しさといきいきとした生命力があふれる室内空間を表現したという。そのほかの特別装備としては、イントレチャート(革の編み込み)をかたどった合成皮革のシートや専用ウッドタイプインパネ(2DINワイドタイプ、イントレチャート調)、専用クラシックセンターコンソール、一輪挿しなどが与えられる。

駆動方式はFFと4WDの2種類が用意され、合計15台限定で販売される。
価格は以下の通り。
・ビュート ルージュ(FF車):308万8800円
・ビュート ルージュ(4WD車):324万5400円

(webCG)

関連キーワード:
ビュート, ミツオカ, 自動車ニュース

ミツオカ ビュート の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+/318iツーリング【試乗記】 2020.12.19 試乗記 クルマの本質は“素”のモデルにこそにじみ出る! 「218d」と「318i」、すなわち「2シリーズ グランクーペ」と「3シリーズ ツーリング」のエントリーグレードに試乗し、入門用BMWの実力をテストした。
ホームへ戻る