ジャガー、Fペースの予約受け付けを開始

2016.01.28 自動車ニュース
「ジャガーFペース」
「ジャガーFペース」 拡大

ジャガーが「Fペース」の予約受け付けを開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年1月28日、ジャガー初のSUV「F-PACE(Fペース)」の予約受け付けを同年1月29日に開始すると発表した。

「Fペース」のリアビュー。
「Fペース」のリアビュー。 拡大
「Fペース」のリアシート。
「Fペース」のリアシート。 拡大
ボディーカラーは全15色が用意されている。
ボディーカラーは全15色が用意されている。 拡大
車体の80%にアルミニウムが使用されている。
車体の80%にアルミニウムが使用されている。 拡大
ブレーキ制御を使ったトルクベクタリング機構など、走りに関する装備は充実している。
ブレーキ制御を使ったトルクベクタリング機構など、走りに関する装備は充実している。 拡大
ラゲッジルームの容量は650リッター。
ラゲッジルームの容量は650リッター。 拡大
リストバンド型アクティビティーキーがオプションで用意される。
リストバンド型アクティビティーキーがオプションで用意される。 拡大

■日本仕様のラインナップは全5グレード

ジャガーFペースは、2013年のフランクフルトショーで発表されたコンセプトカー「C-X17」の市販モデルとして、2015年のフランクフルトショーで世界初公開されたミドルサイズSUVである。日本では2015年の東京モーターショーで初公開され、また50台限定の特別仕様車「Fペース ファーストエディション」の先行受け付けが同年11月2日に開始されていた。

今回発表された日本仕様のエンジンは、2リッター直4ディーゼルターボとスーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリンの2種類。前者は「INGINIUM(インジニウム)」と呼ばれるジャガー・ランドローバーにとって最新鋭のパワーユニットであり、最高出力180ps、最大トルク43.8kgmを発生。一方、後者には340psおよび45.9kgmと、380psおよび46.9kgmという2種類の仕様が用意されている。すべてのエンジンに8段ATが組み合わされる。

グレードはベーシックな「ピュア」、レザーシートなどを装備した「プレステージ」、エクステリアをよりスポーティーに仕上げた「Rスポーツ」、380psのガソリンエンジンを搭載した「S」の4種類。「Rスポーツ」のみ、ディーゼル車とガソリン車の両方が用意されている。

価格は以下の通り。
・ピュア(2リッターディーゼル):639万円
・プレステージ(2リッターディーゼル):663万円
・Rスポーツ(2リッターディーゼル):728万円
・Rスポーツ(3リッターガソリン、340ps):849万円
・S(3リッターガソリン、380ps):981万円

■トルクベクタリング機構をはじめとしたハイテクを満載

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4731×2175×1652mm(全幅はサイドミラーを含む)、ホイールベースは2874mm。車体には全体の80%にアルミニウムを使用した軽量モノコック構造を採用しており、前後輪の重量バランスはほぼ50:50を実現している。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアがインテグラルリンク式の四輪独立懸架。駆動システムにはトルクオンデマンド式の4WDを採用している。

運動性能に関連する制御システムは充実しており、オーバーステアやアンダーステアを検知するとトラクションを回復させ、車両の安定を確保する「インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)」や、3.6km/hから30km/hまでの間で任意の車速に保つ「オール・サーフェイス・プログレス・コントロール(ASPC)」、コーナリング時のアンダーステアの発生を抑制する「トルクベクタリング・バイ・ブレーキング(TVbB)」などが用意されている。

また、車内空間には5人がゆとりをもって座れる乗車スペースと容量650リッターのラゲッジルームを確保。インストゥルメントパネルの中央には10.2インチ静電式タッチスクリーンを用いたインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を装備している。また運転席側には通常のメーターパネルに代えて、12.3インチTFTインストルメントクラスターを採用。4種類のメーター表示に加え、ドライバー専用のフルスクリーンナビゲーションディスプレイとしても利用できる。

このほかにも、ウォータープルーフおよび耐衝撃仕様のリストバンド型アクティビティーキーをオプションで用意しており、テールゲートの「Jaguar」のロゴマークにキーを近づけるだけで、車両の施錠/開錠が可能となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • 「C5 X」で久々に復活! シトロエンの上級モデルに宿る前衛の魂 2021.4.26 デイリーコラム シトロエンから久々のラージサルーン「C5 X」が登場! 話題騒然のニューモデルに、どれほどシトロエンらしさは宿っているのか? 間もなく復活するラージセグメントの“ダブルシェブロン”に、「トラクシオン アヴァン」や「DS」「CX」などの面影を探る。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • かわいらしくて親しみやすい 「プコブルー」の「ホンダ・クロスカブ110」登場 2021.5.14 自動車ニュース 本田技研工業は2021年5月14日、「プコブルー」の車体色を採用した「クロスカブ110」を発表した。価格は他の色のクロスカブ110と同じ34万1000円で、同年7月22日に2000台の台数限定で発売される。
  • BMW 218dグランクーペ プレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2021.5.12 試乗記 FFを基本としたエンジン横置きプラットフォームに、コンパクトな4ドアボディーを架装した「BMW 2シリーズ グランクーペ」。FRを信奉する古くからのファンには敬遠されそうなモデルだが、実際に乗ってみると、FFの乗用車として出色の出来栄えだった。
ホームへ戻る