メルセデス、CLAをマイナーチェンジ【ニューヨークショー2016】

2016.03.16 自動車ニュース
マイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCLA」がニューヨーク国際オートショーで発表される。
マイナーチェンジを受けた「メルセデス・ベンツCLA」がニューヨーク国際オートショーで発表される。 拡大

【ニューヨークショー2016】メルセデス、「CLA」をマイナーチェンジ

独ダイムラーは2016年3月16日、マイナーチェンジを施した「メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク」の概要を発表した。実車の披露は、CLAがニューヨーク国際オートショー(開催期間:2016年3月23日~4月3日)で、CLAシューティングブレークは独ベルリンで開催されるローレウス世界スポーツ賞の授賞式(4月17日、18日)で行われる予定。

「CLA200d 4MATIC」のリアビュー。
「CLA200d 4MATIC」のリアビュー。 拡大
「メルセデスAMG C45 4MATIC」
「メルセデスAMG C45 4MATIC」 拡大
「メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク」。ボディーカラーは新色の「カバンサイトブルーメタリック」。
「メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク」。ボディーカラーは新色の「カバンサイトブルーメタリック」。 拡大

■1.5リッターディーゼルを搭載する「CLA180d」が登場

新しいCLA/CLAシューティングブレークには新デザインのフロントバンパーが与えられるほか、標準で「ダイヤモンドラジエーターグリル」が装着される。

また、走行状況や天候に応じて最適なモードを自動で選択するヘッドライトシステム「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」がオプションとして設定される(「CLA45 4MATIC」では標準装備)。

さらに、ボディーカラーに新色の「カバンサイトブルーメタリック」が加わり、ホイールの選択肢も増える(すべて欧州仕様の場合)。

エンジンでは、新たに1.5リッターディーゼルターボ(109ps/4000rpm、26.5kgm/1750-2500rpm)が登場し、「CLA180d」を名乗る。マニュアルトランスミッションのみが組み合わされ、CLAでは3.5リッター/100km(NEDC複合モード。約28.6km/リッターに相当)という優れた燃費性能がうたわれている。

(webCG)
 

関連キーワード:
CLAクーペ, CLAシューティングブレーク, メルセデス・ベンツ, ニューヨークモーターショー2016, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLAクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCLA/CLAシューティングブレーク 2019.8.27 画像・写真 FFのプラットフォームを用いた4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLA」と、ワゴンボディーの「CLAシューティングブレーク」が2代目にフルモデルチェンジ。ボディーサイズの拡大により、より流麗なスタイリングとなった新型の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATICシューティングブレーク(4WD/7AT)【試乗記】 2020.5.18 試乗記 クーペライクなスタイリングを身上とするメルセデス・ベンツのコンパクトワゴン「CLAシューティングブレーク」が、2代目にモデルチェンジ。気の利いたデザインとワゴンならではの機能性を併せ持つこのモデルの魅力を、ひとことで表すと……?
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
  • メルセデス・ベンツCLA200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.28 試乗記 輸入車コンパクトクラスで唯一の4ドアクーペとして人気を博した、メルセデスの「CLA」がフルモデルチェンジ。スタイリッシュなフォルムとクラスレスな存在感が先代のヒットを後押ししたというが、最新モデルはどんな進化を遂げているのか?
ホームへ戻る