クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)

桃源郷が見える 2020.04.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
 
「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」は2019年11月にステーションワゴンの「AMG CLA45 S 4MATIC+シューティングブレーク」とともに日本導入が発表された。
「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」は2019年11月にステーションワゴンの「AMG CLA45 S 4MATIC+シューティングブレーク」とともに日本導入が発表された。拡大
クラス最強をうたう最高出力421PSのパワーユニットは、いわゆる63系のAMG車と同様にドイツ・アフォルターバッハのAMG本社工場で生産される。エンジン1基の組み立ての最初から最後までをひとりの職人が担当する。
クラス最強をうたう最高出力421PSのパワーユニットは、いわゆる63系のAMG車と同様にドイツ・アフォルターバッハのAMG本社工場で生産される。エンジン1基の組み立ての最初から最後までをひとりの職人が担当する。拡大
流れるような曲線を描く、アーチ状のルーフラインが特徴。エクステリアデザインは、同じ4ドアクーペスタイルのEセグメントモデル「CLS」の流れをくむもの。
流れるような曲線を描く、アーチ状のルーフラインが特徴。エクステリアデザインは、同じ4ドアクーペスタイルのEセグメントモデル「CLS」の流れをくむもの。拡大
1952年の公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝した「メルセデス・ベンツ300SLプロトタイプ」に由来するAMG専用ラジエーターグリルを採用。
1952年の公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝した「メルセデス・ベンツ300SLプロトタイプ」に由来するAMG専用ラジエーターグリルを採用。拡大
ステアリングホイールには小さなTFT液晶パネルを内蔵する「AMGドライブコントロールスイッチ」が備わり、走行中でも簡単に走行モードを変更できる。
ステアリングホイールには小さなTFT液晶パネルを内蔵する「AMGドライブコントロールスイッチ」が備わり、走行中でも簡単に走行モードを変更できる。拡大

ルックスはスマートで精悍

りんかい線にゆられて東京・品川シーサイドにあるメルセデス・ベンツ日本に試乗車となるAMG CLA45 S 4MATIC+の引き取りに向かいながら、webCG編集部のSさんが送ってくれた資料で予習をする。

プレスリリースには「量産の2.0リッター4気筒エンジンとしては世界最高の421PS」とあって、思わず「よんひゃくにじゅういちばりき」と小声で復唱してしまう。声に出して読みたい日本語というか、自分で自分に読み聞かせをしてしまった。たしか、「ポルシェ911カレラ」の3リッター水平対向6気筒ターボの最高出力は385PSだったはず……。

さらに読み込むと、フロントグリルは「1952年メキシコで開催された伝説の公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝したレーシングカー『メルセデス・ベンツ300SL』で初めて採用された由緒あるものです」とある。

CLAのAとは「Aクラス」のA、だからサイズはそこそこコンパクトで、そこにポルシェ911カレラよりパワフルなエンジンを積み、顔は伝説のレーシングカー。一体どんなクルマなのか。品川シーサイドの駅に降り立ったときに頭の中では、体は子どもだけどものすごくマッチョで顔はおじいさんというモンスターを思い描いていた。

ところが、実際に対面したAMG CLA45 S 4MATIC+はスマートで精悍(せいかん)な好青年で、垂直方向にフィンが切られた伝説のグリルも、キラキラ、ギラギラしていないぶん、カッコはいいけど威圧感はない。

そもそも、鋭利なキャラクターラインやボディー表面の煩雑な凹凸に頼らずにシンプルな美しさを表現するという、最近のメルセデス・ベンツのデザインへの考え方には大いに共感できる。CLAもそうしたコンセプトにのっとったデザインで、控えめながら伸びやかで品のある造形だ。

伝説のグリルは、そうした美しさを壊すことなく、しっかりとなじんでいた。「おらおらー!」と強めのアピールをする高性能車が多いなか、AMG CLA45 S 4MATIC+は知的な感じがする。と、外観に好感を持ったところで乗り込んで、421PSを始動する。

 
「AMG CLA45 S 4MATIC+」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1855×1415mm、ホイールベース=2730mm。車重は1710kg。
「AMG CLA45 S 4MATIC+」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4690×1855×1415mm、ホイールベース=2730mm。車重は1710kg。拡大
ジェットエンジンのタービンを模したというエアコン吹き出し口や横長の液晶パネルを配したメーターなど、ダッシュボードデザインはハッチバックの「AMG A45」と基本的に同一。
ジェットエンジンのタービンを模したというエアコン吹き出し口や横長の液晶パネルを配したメーターなど、ダッシュボードデザインはハッチバックの「AMG A45」と基本的に同一。拡大
前席には「AMGパフォーマンスシート」と呼ばれる、スポーティーなデザインのシートを装備。「チタニウムグレー/ブラック」(写真)または「クラシックレッド/ブラック」の2種類からカラーを選べる。
前席には「AMGパフォーマンスシート」と呼ばれる、スポーティーなデザインのシートを装備。「チタニウムグレー/ブラック」(写真)または「クラシックレッド/ブラック」の2種類からカラーを選べる。拡大
後席左右部分の背もたれは、ヘッドレスト一体型デザインを採用。40:20:40の分割可倒機構を備えるなど、実用性も考慮されている。
後席左右部分の背もたれは、ヘッドレスト一体型デザインを採用。40:20:40の分割可倒機構を備えるなど、実用性も考慮されている。拡大
今回試乗した車両のボディーカラーはメタリックの「デジタルホワイト」。これを含め「AMG CLA45」には全8種類の外装色が設定される。ボディーカラーによる価格の違いはない。
今回試乗した車両のボディーカラーはメタリックの「デジタルホワイト」。これを含め「AMG CLA45」には全8種類の外装色が設定される。ボディーカラーによる価格の違いはない。拡大

ワイルドさや気難しさを感じさせない

試乗車は55万円ナリのオプション「AMGパフォーマンスパッケージ」を装着していたので、シートはサイドサポートが張り出した「AMGパフォーマンスシート」となる。体全体をホールドするこのシートに座ると、自分が部品の一部として高性能マシンに組み込まれたように感じる。それは、決してイヤな気持ちではない。

フラットボトム形状の「AMGパフォーマンスステアリング」のグリップ部分に用いられる「DINAMICA」とは、人工スエード素材。古くからのクルマ好きにはアルカンターラみたいな触り心地だとお伝えしたい。新しいクルマ好きには、スエードのようにやさしい触り心地だけれど汗ジミの付着や色移りが抑えられた、機能的な素材だとお伝えしたい。

そのAMGパフォーマンスステアリングを握って一般道に出ようとして、驚いた。霊長類最強、じゃなくて世界最強の2リッター4気筒エンジンという触れ込みから想像するようなワイルドさや気難しさを、まったく感じさせないからだ。

まずエンジンは、始動時に「ブフォン!」と咳(せき)払いして存在感を示したあとは、アイドリングも静かで安定していて、不機嫌そうなそぶりを見せることもない。

出発して、駐車スペースから出る際に通過する最初の段差を乗り越えて、路面からのショックが少ないことにも驚く。段差を越えた瞬間、スッとスムーズにサスペンションが沈み込んで、路面から受けるはずの衝撃を吸収してくれる。どんなクルマでもそういう動きをするわけですが、沈み込むタイミングが素早く、最初の動きが抜群に滑らかなのだ。

もしかしたら間違えて標準仕様を借りてしまったのかと思ったくらいしなやかに感じたけれど、ステアリングホイールにはAMGの文字が輝いているのだった。

そこそこ交通量がある首都高速でも、ジェントルで上質な高級車という印象は変わらない。こういう状況だと、6つのドライブモードを選べる「AMGダイナミックセレクト」を切り替えても、排気音が迫力を増し、少し乗り心地が変化する程度だ。

ターボなのにNAみたいなフィーリング

翌朝、集合場所へ向かってAMG CLA45 S 4MATIC+でガラ空きの東名高速を巡航しながら、なるほどこういうクルマか、と感心する。まずエンジンは、踏めばもちろんパワフルであるけれど、ETCゲートを通過したあとや本線への合流での軽い加速でもシビれる。それは単にパワーが出ているだけでなく、「ドライバーが操作して、パワーを絞り出す感じ」を上手に表現しているからだ。簡単に言えば、“やってる”気になる。

濁りのない、乾いた音もいい。エンジンはよどみなく回転を上げ、それにつれて排気音は「フォーン」というさらに抜けのよいものに変わっていく。事前にターボエンジンだと知っているから「ターボなのにNAみたいなフィーリングですごい」と感じるけれど、回転フィールといい音といい、知らずに乗ったらターボエンジンだと見抜く自信がない。

高速道路での乗り心地も快適だ。前述したように、AMG CLA45 S 4MATIC+では6つのドライブモードを選ぶことができる。「スリッパリー」「コンフォート」「スポーツ」「スポーツ+」「レース」「インディビジュアル」のうち、まずはコンフォートから試す。

一般道で感じた、よく動くアシという印象はここでも変わらない。よく動いて、フラットな姿勢を保つ。快適だ。高速道路を70km/hや80km/hで巡航する限りは、スポーツやスポーツ+のモードを選ぶ必然性は薄い。突き上げがキツくなるだけだから。

高速道路を巡航しながら体感するのは、速いとか高級というのを超えて、気持ちいいという感覚だ。エンジンの吹け上がりと音、しっとりとした乗り心地、ブレーキペダルのしっかり感、ステアリングホイールの手応え──。片道400kmや500kmぐらいの出張だったら、ぜひともこのクルマで行きたい。

「AMG 4MATIC+」と名づけられた4WDシステムは、前後のトルクを100:0〜50:50の間で配分。さらに後輪左右にはトルクを可変配分するベクタリングシステムも装備されている。
「AMG 4MATIC+」と名づけられた4WDシステムは、前後のトルクを100:0〜50:50の間で配分。さらに後輪左右にはトルクを可変配分するベクタリングシステムも装備されている。拡大
最高出力421PS/6750rpm、最大トルク500N・m/5000-5250rpmを発生させる2リッター直4ターボエンジン。車体前方が吸気側、後方が排気側となる通常とは逆の搭載方法が採用されている。
最高出力421PS/6750rpm、最大トルク500N・m/5000-5250rpmを発生させる2リッター直4ターボエンジン。車体前方が吸気側、後方が排気側となる通常とは逆の搭載方法が採用されている。拡大
「AMGスピードシフトDCT」という8段のデュアルクラッチ式トランスミッションを搭載。「AMGパフォーマンスステアリング」と呼ばれるDシェイプのステアリングホイールには、シフトパドルも組み込まれている。
「AMGスピードシフトDCT」という8段のデュアルクラッチ式トランスミッションを搭載。「AMGパフォーマンスステアリング」と呼ばれるDシェイプのステアリングホイールには、シフトパドルも組み込まれている。拡大
荷室の容量は標準モデルの「CLA」と同じ460リッター。荷室側からのレバー操作で後席背もたれを前方に倒し、簡単に積載スペースを拡大できる。
荷室の容量は標準モデルの「CLA」と同じ460リッター。荷室側からのレバー操作で後席背もたれを前方に倒し、簡単に積載スペースを拡大できる。拡大
 
走行中にフロントスプリッターから取り込まれたエアは、タイヤハウス内に設置されたエアアウトレットから排出される。このサイドエアカーテン機能によってCd値を低減するという。フロントフェンダーは標準モデルよりも12mm拡大されている。
走行中にフロントスプリッターから取り込まれたエアは、タイヤハウス内に設置されたエアアウトレットから排出される。このサイドエアカーテン機能によってCd値を低減するという。フロントフェンダーは標準モデルよりも12mm拡大されている。拡大
試乗車では、19インチサイズの「AMG5ツインスポーク」ホイールに、255/35ZR19サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤを組み合わせていた。
試乗車では、19インチサイズの「AMG5ツインスポーク」ホイールに、255/35ZR19サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤを組み合わせていた。拡大
専用デザインの大型リアディフューザーや、クローム仕上げのデュアルパイプで左右計4本出しとなるエキゾーストフィニッシャーも「AMG CLA45」の特徴だ。
専用デザインの大型リアディフューザーや、クローム仕上げのデュアルパイプで左右計4本出しとなるエキゾーストフィニッシャーも「AMG CLA45」の特徴だ。拡大
10.25インチサイズの液晶パネルを2枚並べた特徴的なダッシュボードデザインは、「MFA2」と呼ばれる前輪駆動系モデルの新世代ラインナップに共通するもの。画面内のデザインは、AMG用に変更されている。
10.25インチサイズの液晶パネルを2枚並べた特徴的なダッシュボードデザインは、「MFA2」と呼ばれる前輪駆動系モデルの新世代ラインナップに共通するもの。画面内のデザインは、AMG用に変更されている。拡大
WLTCモードの燃費値は11.5km/リッター。今回の試乗では246.7km走行し、満タン法で9.6km/リッターという燃費を記録した。
WLTCモードの燃費値は11.5km/リッター。今回の試乗では246.7km走行し、満タン法で9.6km/リッターという燃費を記録した。拡大

運転がひたすら気持ちいい

箱根ターンパイクの急勾配の登りを、AMG CLA45 S 4MATIC+はぐいぐい登る。この程度のスケールのワインディングロードだと421PSがその能力をフルに発揮するわけではないけれど、“ワンマン・ワンエンジン”というコンセプトにのっとり、ひとりのマイスターが組み立てたであろう2リッター直4ターボは、ここでもドライバーを“やってる”気にさせてくれる。

まずアクセルを踏み込んだ瞬間のレスポンスがいい。そこからさらに踏み込むと、ドカンとパワーが高まるわけではなく、アクセル操作に応じてじわじわとパワーが高まる。「あなたの指示によって動いていますよ」というふうに、クルマが応えてくれる。

コーナリングも、もちろん絶対的なスピードも速いけれど、感じるのはフィーリングのよさだ。まずステアリングホイールのからの手応えで、路面とタイヤがどういう状態で接しているのかが詳細に伝わってくる。そしてステアリングホイールを切り込むと、パキッとデジタル的に曲がるのではなく、それでも外側の車輪がじんわりと沈み込みながら狙ったラインをオン・ザ・レールでトレースする。やはり、“やってる”気にさせてくれる。

実際には、高度な四駆システムが前後のトルク配分を100:0〜50:50の間で自在に変化させていたり、外側の車輪にトルクを与えたり、内側の車輪にブレーキをかけたり、車内では電子信号が飛び交っているはずだ。でもドライバーはそんなことはつゆ知らず、気持ちよくハンドルを握ることができる。

そしてドライブモードをコンフォートからスポーツへ、さらにスポーツ+へとシフトすると、ボディーサイズがひとまわりずつコンパクトになっていくように感じる。スポーティーになった、足まわりが硬くなったというよりも、クルマ全体がタイトになるイメージだ。

サーキットでもっと追い込めば違う表情も見えるのかもしれないけれど、一般道ではひたすら気持ちよく運転ができる。お釈迦(しゃか)様の手のひらで遊ばされている、とはこのような感覚か。で、自分が買える値段ではないのにこういうことを書くのもアレですが、この中身がこの値段で買えるというのは、バーゲンプライスではないでしょうか。「速い」とか「高級」の先にあるクルマ趣味の桃源郷を見せてもらった。参りました。

(文=サトータケシ/写真=神村 聖/編集=櫻井健一)

テスト車のデータ

メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1855×1415mm
ホイールベース:2730mm
車重:1710kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:421PS(310kW)/6750rpm
最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/5000-5250rpm
タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)255/35ZR19 96Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)
燃費:11.5km/リッター(WLTCモード)
価格:856万円/テスト車=947万6000円
オプション装備:AMGアドバンスドパッケージ(20万円)/AMGパフォーマンスパッケージ(55万円)/パノラミックスライディングルーフ<挟み込み防止機能付き>(16万6000円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1679km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:246.7km
使用燃料:25.6リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:9.6km/リッター(満タン法)/9.2km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+
メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+拡大
 
メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ CLAクーペ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。