ポルシェ718ケイマンの予約受注がスタート

2016.04.26 自動車ニュース
「ポルシェ718ケイマン」
「ポルシェ718ケイマン」 拡大

4気筒ターボの「ポルシェ718ケイマン」予約開始

ポルシェ ジャパンは2016年4月25日、MRスポーツカー「718ケイマン」「718ケイマンS」の予約受注を同年4月28日に開始すると発表した。

「718ケイマンS」
「718ケイマンS」 拡大
「718ケイマンS」のインテリア。
「718ケイマンS」のインテリア。 拡大
「718ケイマンS」
「718ケイマンS」 拡大
 
ポルシェ718ケイマンの予約受注がスタートの画像 拡大

ポルシェの718ケイマン/718ケイマンSは、水平対向4気筒ターボエンジンをミドシップする2シーターのクーペ。オープンモデルの「718ボクスター」および「718ボクスターS」から約3カ月遅れでの受注開始となる。

718ケイマンに搭載されるターボエンジンは、718ボクスターと共通のもので、ベーシックモデルの718ケイマンには最高出力300ps、最大トルク38.7kgmの2リッターユニットが、上位モデルの718ケイマンSには350psと42.8kgmを発生する2.5リッターユニットが搭載される。

0-100km/hの加速タイムは、オプションのスポーツクロノパッケージを装着したPDK仕様の718ケイマンで4.7秒。同仕様のケイマンSは4.2秒と公表される。最高速度は、前者が275km/hで、後者が285km/hだ。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・718ケイマン(6段MT):619万円
・718ケイマン(7段PDK):671万4000円
・718ケイマンS(6段MT):813万円
・718ケイマンS(7段PDK):865万4000円

従来の水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載したモデルでは、クローズドボディーのケイマンは、オープンボディーのボクスターよりも高価な価格設定だったが、718からは、両車の価格帯は逆転。ボクスターの方が、一律39万円高となっている。

718ケイマンのハンドル位置は全車で左右が選べる。ただし、2017年モデルの左ハンドル車の予約受注は、2016年6月1日から同年6月30日までの期間限定となる。

(webCG)

関連キーワード:
718ケイマン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 718ケイマン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る