ポルシェ718ケイマンの予約受注がスタート

2016.04.26 自動車ニュース
「ポルシェ718ケイマン」
「ポルシェ718ケイマン」 拡大

4気筒ターボの「ポルシェ718ケイマン」予約開始

ポルシェ ジャパンは2016年4月25日、MRスポーツカー「718ケイマン」「718ケイマンS」の予約受注を同年4月28日に開始すると発表した。

「718ケイマンS」
「718ケイマンS」 拡大
「718ケイマンS」のインテリア。
「718ケイマンS」のインテリア。 拡大
「718ケイマンS」
「718ケイマンS」 拡大
 
ポルシェ718ケイマンの予約受注がスタートの画像 拡大

ポルシェの718ケイマン/718ケイマンSは、水平対向4気筒ターボエンジンをミドシップする2シーターのクーペ。オープンモデルの「718ボクスター」および「718ボクスターS」から約3カ月遅れでの受注開始となる。

718ケイマンに搭載されるターボエンジンは、718ボクスターと共通のもので、ベーシックモデルの718ケイマンには最高出力300ps、最大トルク38.7kgmの2リッターユニットが、上位モデルの718ケイマンSには350psと42.8kgmを発生する2.5リッターユニットが搭載される。

0-100km/hの加速タイムは、オプションのスポーツクロノパッケージを装着したPDK仕様の718ケイマンで4.7秒。同仕様のケイマンSは4.2秒と公表される。最高速度は、前者が275km/hで、後者が285km/hだ。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・718ケイマン(6段MT):619万円
・718ケイマン(7段PDK):671万4000円
・718ケイマンS(6段MT):813万円
・718ケイマンS(7段PDK):865万4000円

従来の水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載したモデルでは、クローズドボディーのケイマンは、オープンボディーのボクスターよりも高価な価格設定だったが、718からは、両車の価格帯は逆転。ボクスターの方が、一律39万円高となっている。

718ケイマンのハンドル位置は全車で左右が選べる。ただし、2017年モデルの左ハンドル車の予約受注は、2016年6月1日から同年6月30日までの期間限定となる。

(webCG)

関連キーワード:
718ケイマン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 718ケイマン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • 第164回:ポルシェ全然知らない人間 2020.2.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第164回は「ポルシェ全然知らない人間」。“ポルシェに関しては無知”を自覚する筆者が、新型「911カレラS/4S」にプチ試乗。先代との違いとは? こだわり派の見解を交えながら、その魅力に迫る。
ホームへ戻る