アバルトがフェラーリの顧客向け代車に

2016.05.02 自動車ニュース
赤い「アバルト695ビポスト」がフェラーリの顧客向け代車に。
赤い「アバルト695ビポスト」がフェラーリの顧客向け代車に。 拡大

FCAジャパンは2016年5月2日、「アバルト695ビポスト」を顧客向けの代車としてフェラーリ・ジャパンに提供すると発表。フェラーリ・ジャパンは同日、サービスを開始した。

■全世界99台限定、日本へは10台が上陸

今回のフェラーリの顧客向け代車サービスは、「アバルト695ビポスト フェラーリ コーテシーカー」の名で、グローバルプロジェクトとして2015年10月に欧州で始まったもの。

使用される695ビポストは、標準仕様をベースに、フェラーリを思わせる赤に塗られた特別仕様で、全世界99台限定で作られた。日本にはこのうち10台が導入される。

同車は国内のフェラーリ・ジャパン正規ディーラーのうち、当プロジェクトに参加する店舗に随時納車され、各店舗で代車として顧客に提供される。

(webCG)

関連キーワード:
695ビポスト, アバルト, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • マクラーレンがV6ハイブリッド搭載の新型スポーツカー「アルトゥーラ」を発表 2021.2.17 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2021年2月17日(現地時間)、新型ハイブリッドスポーツモデル「Artura(アルトゥーラ)」を、オンラインで発表した。システム出力680PSを誇る、外部充電が可能なハイブリッドパワートレインを搭載している。
  • プジョーe-2008アリュール(FWD)【試乗記】 2021.2.3 試乗記 「クルマは道がつくる」という言葉があるが、日本の場合はどうだろうか。フランス発の100%電気自動車「プジョーe-2008」で200kmばかり走ってみたところ、インフラ側のさまざまな課題が見えてきた。
ホームへ戻る