アバルト史上最速マシン、695ビポスト登場

2015.07.08 自動車ニュース
「アバルト695ビポスト」
「アバルト695ビポスト」 拡大

アバルト史上最速マシン「695ビポスト」登場

FCAジャパンは2015年7月8日、「アバルト500」シリーズの最新モデル「695 Biposto(695ビポスト)」を、同年9月1日に発売すると発表した。

■レース専用車「695アセットコルセ」のロードバージョン

アバルト695ビポストは、1964年に登場した初代「アバルト695」の誕生50周年を記念するモデルとして、2014年のジュネーブショーで世界初公開された。アバルトのレーシング部門が販売する競技専用車「695 Assetto Corse(アセットコルセ)」の公道版という位置づけで、「サーキットでも公道でも究極の走りを実現するアバルト史上最速のモデル」とされている。

1.4リッター直4 DOHCターボエンジンについては、大型のフロントレーシングインタークーラーや、F1やMotoGPなどでも使用されるBMC製カーボンエアクリーナーボックスを採用。また、回転域を問わず高いパフォーマンスを発揮するため、排気系にはアクラポヴィッチ製デュアルステージエキゾーストシステムを装備しており、バルブの切り替えにより胸のすくサウンドを生み出すという。

軽量化も図っており、OZレーシング製の軽量18インチアロイホイールや、アルミエンジンフード、チタンホイールボルトなど、各所に軽量パーツを採用。車内はリアシートを撤去した2シーター仕様となっている。

これにより、アバルト 695 ビポストは190ps(139kW)/5750prmという最高出力と、標準仕様で25.5kgm(250Nm)/3000rpm、フルスペック仕様で27.5kgm(270Nm)/2500rpmという最大トルクを発生(ともにSPORTスイッチオン時)。乾燥重量は997kg、パワーウェイトレシオは5.2kg/psとなっており、0-100km/h加速が5.9秒という動力性能を実現している(乾燥重量、パワーウェイトレシオ、0-100km/h加速は欧州仕様の参考値)。

さらに、フルスペック仕様にはレースなどで使われるドグリングトランスミッションや、AIM製「データロガーMXL2」、サベルト製4点式シートベルトなどを装備。「サーキット走行にも即時対応可能」な仕様となっている。

価格は標準仕様が599万4000円、フルスペック仕様が845万6400円。

(webCG)

→「アバルト695ビポスト」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
695ビポスト, アバルト, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
  • フィアット500ev ONE BATTERYプロトタイプ(RWD/4MT)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 日本でも大人気の“ヌオーバ チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」をベースに、パワーユニットを電動化した「500ev」。日本の博物館がプロデュースしたというキュートな電気自動車は、他のクルマでは得られない魅力とドライブフィールの持ち主だった。
  • 電気で走るチンクエチェント!? 「フィアット500クラシケev」が示した新しいクラシックカー像 2020.9.23 デイリーコラム 世界中で愛される“ヌオーバ・チンクエチェント”こと2代目「フィアット500」。このクルマを電動化した「フィアット500クラシケev」には、どんな提案が込められているのか? 「日々に彩りを添える、日常を楽しむクラシック」という、新しいクラシックカー像に迫る。
ホームへ戻る