「トヨタ・アクア」に装備充実の特別仕様車

2016.05.12 自動車ニュース
「トヨタ・アクアS“スタイルブラック”」。ボディーカラーは「ダークブルーマイカ」。
「トヨタ・アクアS“スタイルブラック”」。ボディーカラーは「ダークブルーマイカ」。 拡大

トヨタ自動車は2016年5月12日、「アクア」の特別仕様車「S“スタイルブラック”」を設定し発売した。

アウタードアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ装飾が施された。
アウタードアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ装飾が施された。 拡大
「アクアS“スタイルブラック”」オプション装着車。ボディーカラーは「ライムホワイトパールクリスタルシャイン」。
「アクアS“スタイルブラック”」オプション装着車。ボディーカラーは「ライムホワイトパールクリスタルシャイン」。 拡大
インパネ助手席オーナメントは合皮張りとなる。
インパネ助手席オーナメントは合皮張りとなる。 拡大
運転席アームレストが装着される。
運転席アームレストが装着される。 拡大

■国内販売累計100万台達成を記念

今回の特別仕様車は、アクアの国内販売累計100万台達成を記念したもの。中間グレードの「S」がベースで、ボディーカラーに特別設定色「ダークブルーマイカ」を含む全5色を設定し、ドアハンドルとバックドアガーニッシュにメッキ装飾を施した。

内装では運転席アームレストを追加し、インパネ助手席オーナメントを合皮張り(合皮巻き)としたほか、パワーウィンドウスイッチベースにピアノブラック装飾を施して、特別設定のブラックの内装色とコーディネートすることにより、上品さを表現したという。

さらに、スマートキーや盗難防止システムなどがセットになった「スマートエントリーパッケージ」と、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を装備している。

車両価格は199万6037円。

(webCG)

関連キーワード:
アクア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ アクア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー 2017.6.23 画像・写真 モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • 「トヨタ・アクア」に上質なインテリアの「クロスオーバー“グラム”」が登場 2018.9.4 自動車ニュース 「トヨタ・アクア」に特別仕様車「クロスオーバー“グラム”」登場。ブラウンとブラックの専用インテリアが特徴で、ボディーカラーには特別設定色の「オリーブマイカメタリック」を含む5色を設定。スマートキーを標準で採用するなど、装備も充実している。
  • 第114回:アクアだ~い好き♡! 2018.12.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第114回は「アクアだ~い好き♡!」。発売から7年たった今も、売れ続ける「トヨタ・アクア」。4年間愛車として所有した筆者が最新モデルにプチ試乗、“我が愛するアクア”はどう変わっていたのか!?
  • マツダCX-5 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.3.14 試乗記 近年のマツダは、年次改良どころか、いいものが仕上がれば最良のタイミングでモデルに反映するという方針を打ち出している。今回の2.5リッター直4ターボエンジンが搭載される「CX-5」もそんな一台。最新モデルの進化はいかなるものだったのか。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
ホームへ戻る