「BMW i8」に真っ赤なボディーの特別限定車

2016.05.30 自動車ニュース
BMW i8セレブレーションエディション プロトニックレッド
「BMW i8セレブレーションエディション プロトニックレッド」 拡大

BMWジャパンは2016年5月30日、BMWの創立100周年記念モデルの第7弾として、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」の特別仕様車「i8 Celebration Edition“Protonic Red”(セレブレーションエディション プロトニックレッド)」を設定し、20台の台数限定で受注を開始した。デリバリーは同年10月からを予定している。 

今回の特別仕様車は、BMW iとして初めて赤色の専用ボディーカラー「プロトニックレッド」を採用。オービットグレーの塗装が施された専用20インチアロイホイールとの組み合わせによって、存在感のあるスタイリングを実現している。また、LEDヘッドライト比で2倍の照射距離を実現した「BMWレーザーライト」を標準装備とした。

インテリアは、各所に赤色のステッチが施されたブラックの専用インテリア「CARPO」と、カーボンインテリアトリムの専用装備を組み合わせることで、魅力的な室内空間を演出。さらに、エディションネームの入った専用ドアシルプレートやシリアルナンバー入り専用インテリアバッジも装着される。

上記を含む特別装備内容は以下の通り。
・専用ボディーカラー「プロトニックレッド/フローズングレーメタリックアクセント」
・専用20インチBMW iライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング470(オービットグレー塗装)(フロント:20×7 1/2Jホイール+215/45R20タイヤ、リア:20×8 1/2Jホール+245/40R20タイヤ)
・専用インテリアデザイン「CARPO」
・専用グレーシートベルト
・専用ベロアフロアマット
・専用ドアシルプレート
・専用カーボンインテリアトリム
・シリアルナンバープレード
・BMWレーザーライト
・ブラックセラミックセレクターレバー
・アンソラジットルーフライニング
・コンフォートアクセス
・ストレージパッケージ(ポータブルカップホルダー<リアセンターコンソールに2個>、シートバックネット、収納ネット、ラゲッジコンパートメントカバー)
・BMW iコネクテッドドライブプレミアム

価格は2200万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
i8, BMW, 自動車ニュース

BMW i8 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • BMW i8(前編) 2016.12.1 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceなどで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「BMW i8」に試乗。スーパースポーツカーの未来形は、谷口の目にどのように映っているのだろうか。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【試乗記】 2018.11.17 試乗記 2017年11月のロサンゼルスモーターショーで発表された「i8ロードスター」は、プラグインハイブリッドスポーツ「i8」の派生モデルにして、BMWが「ピュアオープンeモビリティー」と呼ぶフラッグシップモデル。i8はオープン化によって、どんな走りをみせてくれるのか。
  • BMW i8(4WD/6AT)【海外試乗記】 2014.5.27 試乗記 BMW iブランドモデルの第2弾「i8」が、いよいよ公道に現れた。1.5リッター直3エンジンにモーターを組み合わせたプラグインハイブリッド・スポーツカーの実力やいかに? ロサンゼルスからの第一報。
ホームへ戻る