【トミカNo.17】BMW i8(初回特別仕様)

2017.08.23 トミカ大写真展

プラグインハイブリッドのスポーツカーとして、2013年にデビューした「BMW i8」。空力性能を突き詰めたデザインと、前輪をモーターで、後輪をエンジンで駆動する独自のパワープラントにより、「ポルシェ911」に比肩する動力性能と高い環境性能を両立している。

*解説は、一部を除き実車のもの

【トミカ スペック】
スケール:1/61
パッケージサイズ:全長×全幅×全高=78×39×27mm
可動箇所:サスペンション
タカラトミーモール価格:486円

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)/ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.2 試乗記 公約通り、ほぼ9カ月に1台の割合でニューモデルを市場投入しているアストンマーティン。フラッグシップモデルとして誕生した「DBSスーパーレッジェーラ」の実力を試す場としてふさわしいのは、やはりサーキットである。
  • 日産ノートe-POWER AUTECHスポーツスペック(FF)【試乗記】 2018.11.1 試乗記 「日産ノートe-POWER NISMO」を手がけたオーテックが、もうひとつのスペシャルバージョン「ノートe-POWER AUTECH」を開発。その走りにはどのような違いがあるのか、「スポーツスペック」と名付けられた上級グレードで確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
ホームへ戻る