ジャガー初のパフォーマンスSUV「Fペース」発売

2016.06.13 自動車ニュース
「ジャガーFペース 35t Rスポーツ
「ジャガーFペース 35t Rスポーツ」 拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年6月13日、「ジャガーF-PACE(Fペース)」の販売を開始した。デリバリーは同年7月下旬に始まる見込み。

サイドビュー。ホイールは、デザインやサイズの異なる全16種類が用意される。
サイドビュー。ホイールは、デザインやサイズの異なる全16種類が用意される。 拡大
インテリアの様子。日本仕様車は、すべて右ハンドルとなる。
インテリアの様子。日本仕様車は、すべて右ハンドルとなる。 拡大
荷室の容量は508リッター。後席を倒すことで積載スペースを拡大できる。(写真は欧州仕様車のもの)
荷室の容量は508リッター。後席を倒すことで積載スペースを拡大できる。(写真は欧州仕様車のもの) 拡大

■「Fタイプ」の要素を取り入れたデザイン

ジャガーFペースは、コンセプトカー「C-X17」の市販モデルとして、2015年のフランクフルトショーで世界初公開されたジャガー初の量産型SUV。国内では2016年1月末から予約の受け付けが行われていたが、今回、正式発売がアナウンスされた。

ジャガーが“パフォーマンスSUV”と呼ぶFペースのエクステリアは、同ブランドのピュアスポーツカー「Fタイプ」の要素を取り入れたというもので、ひと目でジャガーとわかるよう、迫力のあるボンネットや直線的なサイドラインが与えられている。
日本仕様車のボディーサイズは全モデルともに、全長×全幅×全高=4740×1935×1665mmで、ホイールベースは2875mm。ボディーの80%にアルミニウムを使用した軽量モノコック車体構造とすることで、車重は、ディーゼル車で1920kg、ガソリン車で1980kgに抑えられている。前後の重量バランスは、ほぼ50:50と公表される。

室内については、5人の乗員が快適に乗車できるという広さが自慢。ダッシュボードやセンターコンソールには、始動とともにせり上がるダイヤル式のシフトセレクターをはじめ、ジャガーのスポーツセダン「XE」を思わせるデザインが採用されている。カーナビゲーションの案内表示が可能なフル液晶タイプのメーターパネルや、10.2インチ静電式タッチスクリーンを用いたインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」などは、特徴的なディテールだ。
荷室の容量は、標準状態で508リッター。後席の背もたれは40:20:40の分割可倒式で、そのアレンジにより、さまざまな大きさ・形状の荷物に対応できる。

「Fペース ファーストエディション」。シージアム・ブルーのボディーカラーは専用のもの。(写真は欧州仕様車)
「Fペース ファーストエディション」。シージアム・ブルーのボディーカラーは専用のもの。(写真は欧州仕様車) 拡大
スーパーチャージャーで過給される「Fペース 35t Rスポーツ」の3リッターV6エンジン。最高出力340psを発生する。
スーパーチャージャーで過給される「Fペース 35t Rスポーツ」の3リッターV6エンジン。最高出力340psを発生する。 拡大
メーターは12.3インチのTFT液晶。カーナビの経路案内を表示することもできる。
メーターは12.3インチのTFT液晶。カーナビの経路案内を表示することもできる。 拡大

フロントシート。写真は「Fペース 35t Rスポーツ」のもの。


	フロントシート。写真は「Fペース 35t Rスポーツ」のもの。
	拡大
「Fペース 20d プレステージ」。2リッター直4ディーゼルターボを搭載する。
「Fペース 20d プレステージ」。2リッター直4ディーゼルターボを搭載する。 拡大
 
ジャガー初のパフォーマンスSUV「Fペース」発売の画像 拡大

■直4ディーゼルとV6ガソリンを設定

日本仕様車のエンジンは、大きく分けて、2リッター直4ディーゼルターボとスーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリンの2種類。前者は「INGINIUM(インジニウム)」と呼ばれる最新鋭のパワーユニットで、最高出力180ps/4000rpm、最大トルク43.8kgm/1750-2500rpmを発生。後者のガソリンエンジンは、340ps/6500rpmと45.9kgm/3500rpmを発生するものと、380ps/6500rpmと46.9kgm/3500rpmを発生するハイパワー版の2タイプがラインナップされる。トランスミッションはすべて8段ATで、駆動方式は全車トルクオンデマンド式の4WD。JC08モードの燃費値は、ディーゼル車が15.8km/リッター、ガソリン車が10.1km/リッターとなっている。

走行性能を高める先進技術の採用もセリングポイントで、コーナリング時のアンダーステアの発生を抑制する「トルクベクタリング・バイ・ブレーキング(TVbB)」や、トルクオンデマンド型の4WDシステムを補完し、オーバーステアやアンダーステアの発生時に車両を安定させる「インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)」を装備。前:ダブルウイッシュボーン式、後ろ:インテグラルリンク式の足まわりと相まって、スポーティーかつ快適な乗り心地と卓越したハンドリングを実現するという。
さらに、3.6km/hから30km/hまでの間で一定速度の走行を可能とする「オール・サーフェイス・プログレス・コントロール(ASPC)」も装備。滑りやすい悪路などにも対応する。

歩行者検知機能を備える自動緊急ブレーキシステム(AEB)や、車線逸脱警告機能など、安全装備の充実もセリングポイントのひとつ。
車両の施錠、開錠を可能とするリストバンド型アクティビティーキー(防水、耐衝撃性)や、電動で展開・収納されるサイドステップもオプションとして設定される。

グレードはベーシックな「ピュア」、レザーシートほか上質な装備がポイントの「プレステージ」、よりスポーティーなエクステリアが与えられる「Rスポーツ」、最もパワフルな380psのガソリンエンジンを搭載する「S」に大別される。これに加えて、Fペースのデビューを記念する特別仕様車「ファーストエディション」も50台限定で用意される。同車はSをベースに、「シージアム・ブルー」の専用ボディーカラーや大経22インチアロイホイール、ハウンドトゥースがエンボス加工されたウィンザーレザースポーツシート、スライド式パノラミックルーフなどが装備されている。

価格は以下の通り。
・20d ピュア(2リッターディーゼル):639万円
・20d プレステージ(2リッターディーゼル):663万円
・20d Rスポーツ(2リッターディーゼル):728万円
・35t Rスポーツ(3リッターガソリン、340ps):849万円
・S(3リッターガソリン、380ps):981万円
・ファーストエディション(3リッターガソリン、380ps):1108万9000円

(webCG)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 新車, 自動車ニュース

ジャガー Fペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • 「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に3列目シートが標準装備の限定車 2020.11.13 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年11月13日、「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」に3列目シートを標準装備とした特別仕様車「スタイル7」を設定し、50台の台数限定で注文受け付けを開始した。
  • 「レンジローバー」の誕生50周年を記念する限定車3モデルが同時デビュー 2020.11.2 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2020年11月2日、ランドローバーのSUV「レンジローバー」「レンジローバー スポーツ」「レンジローバー イヴォーク」の3車種それぞれに特別仕様車「50thコレクション」を設定。同日、受注を開始した。
  • アウディQ7 55 TFSIクワトロSライン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.3 試乗記 アウディがラインナップする3列シートのフルサイズSUV「Q7」が、フルモデルチェンジから4年を経て大幅な改良を受けた。パワートレインが刷新された改良モデルはどのような走りを実現しているのか? スポーティーな「Sライン」モデルで試した。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る