日産、「ラフェスタ ハイウェイスター」FF車の装備を充実

2016.07.05 自動車ニュース
「日産ラフェスタ ハイウェイスター」
「日産ラフェスタ ハイウェイスター」 拡大

日産自動車は2016年7月5日、ミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」の一部仕様を変更し、発売した。

今回の一部仕様変更では、FF車の全グレードに「電動スライドドア」と「スライドドアイージークロージャー」を標準装備とした。また、「ハイウェイスター」のFF車には「インテリジェントキー」を、「ハイウェイスターG」のFF車には「インテリジェントキー」と「キセノンヘッドランプ」を、「ハイウェイスターGスプレモ」には「キセノンヘッドランプ」を、それぞれ標準装備とすることで、機能性の向上を図った。さらに、ホワイト系のボディーカラー「スノーフレイクホワイトパール」を新たに採用した。

ラインナップと価格は、以下の通り。
・ハイウェイスター(FF/6AT):230万3640円
・ハイウェイスターG(FF/6AT):246万4560円
・ハイウェイスターGスプレモ(FF/6AT):270万円
・ハイウェイスター(4WD/4AT):237万6000円
・ハイウェイスターG(4WD/4AT):260万7120円

(webCG)
 

関連キーワード:
ラフェスタ, 日産, 自動車ニュース

日産 ラフェスタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • トヨタ・カローラ ツーリング“2000リミテッド”(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.19 試乗記 「トヨタ・カローラ ツーリング」の限定車“2000リミテッド”に試乗。ベーシックな実用車には過剰ともいえる2リッターエンジンを積む、ある意味で古典的な手法でつくられたスポーツワゴンの仕上がりをリポートする。
  • 新型「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「M440i xDrive」がデビュー 2020.10.16 自動車ニュース BMWジャパンは2020年10月16日、新型「BMW 4シリーズ クーペ」の高性能バージョン「BMW M440i xDrive」を発表。同日、販売を開始した。納車の時期は、同年11月以降になる見込み。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る