「トヨタヴォクシー」の特別仕様車「ZS“煌II”」発売

2016.07.07 自動車ニュース
「トヨタ・ヴォクシーZS“煌II”」(ハイブリッド車)
「トヨタ・ヴォクシーZS“煌II”」(ハイブリッド車) 拡大

トヨタ自動車は2016年7月6日、箱型ミニバン「ヴォクシー」に特別仕様車「ZS“煌(きらめき)II”」を設定し、販売を開始した。

メッキと高輝度シルバーの装飾、ブラックメタリック塗装で仕立てられたフロントグリル。
メッキと高輝度シルバーの装飾、ブラックメタリック塗装で仕立てられたフロントグリル。 拡大
センタークラスターパネル(ピアノブラック
センタークラスターパネル(ピアノブラック) 拡大
「アイスチタニウムマイカメタリック」の「ヴォクシーZS“煌II”」(ハイブリッド車)。
「アイスチタニウムマイカメタリック」の「ヴォクシーZS“煌II”」(ハイブリッド車)。 拡大

「煌」シリーズは歴代ヴォクシーにたびたび設定されてきた特別仕様車で、メッキの装飾などでドレスアップされたエクステリアや、充実した装備を特徴としている。

今回のモデルの特別装備は以下の通り。
・フロントグリル:メッキ+ブラックメタリック塗装
・フロントグリルモール:高輝度シルバー
・アウトサイドドアハンドル/インサイドドアハンドル(フロント)/オート電動格納式リモコンドアミラー(サイドターンランプ+助手席側アスフェリカルミラー付き):メッキ
・バックドアガーニッシュ:ダークスモーク塗装(車名ロゴ入り)
・センタークラスターパネル/サイドレジスターベゼル:ピアノブラック
・マルチインフォメーションディスプレイフード:シルバー加飾
・ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドア
・スーパーUVカットグリーンガラス+はっ水機能付き(フロントドア)
・LEDフロントフォグランプ
・6スピーカー

ボディーカラーは「ブラック」と特別設定色の「アイスチタニウムマイカメタリック」、3万2400円の有償色である「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」の全4色。

価格は以下の通りとなっている。
・ガソリン車、FF、8人乗り:280万440円
・ガソリン車、FF、7人乗り:283万680円
・ガソリン車、4WD、8人乗り:299万4840円
・ガソリン車、4WD、7人乗り:302万5080円
・ハイブリッド車、FF、7人乗り:332万1000円

(webCG)
 

関連キーワード:
ヴォクシー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ヴォクシー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • BMW F900Rプレミアムライン(MR/6MT)【レビュー】 2020.9.28 試乗記 パラレルツイン(並列2気筒エンジン)を搭載した“BMW Fシリーズ”の新作「F900R」。モデルチェンジにより新しいエンジンを得たBMWのミドルクラス・ネイキッドは、よりスポーティーに、アグレッシブにライディングを楽しむためのバイクに変貌を遂げていた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
ホームへ戻る