「トヨタ・ノア」の特別仕様車「Si“W×B”」発売

2016.07.07 自動車ニュース
「トヨタ・ノアSi“W×B”」(ハイブリッド車)
「トヨタ・ノアSi“W×B”」(ハイブリッド車) 拡大

トヨタ自動車は2016年7月6日、箱型ミニバン「ノア」に特別仕様車「Si“W×B(ダブルバイビー)”」を設定し、販売を開始した。

ノアSi“W×B”」のインストゥルメントパネルまわり。
「ノアSi“W×B”」のインストゥルメントパネルまわり。 拡大
インテリアでは、ピラーや天井まわりもブラックとなっている。
インテリアでは、ピラーや天井まわりもブラックとなっている。 拡大
シートに施されたホワイトステッチ。
シートに施されたホワイトステッチ。 拡大
特別設定色の「アイスチタニウムマイカメタリック」。
特別設定色の「アイスチタニウムマイカメタリック」。 拡大

ベース車は上級グレード「Si」のガソリン車、およびハイブリッド車で、インテリアについてはダッシュボードやドアパネルだけではなく、ピラーやルーフまでブラックで統一。ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用コンビシートには、ホワイトのステッチを施している。

これらを含む特別装備は以下の通り。
・インテリアカラー:ブラック×ブラック(特別設定)
・専用シート表皮(合成皮革+ファブリック&ホワイトステッチ/消臭機能付き)
・フロントグリル(ベース部)/LEDヘッドランプ/LEDクリアランスランプ:ブラック塗装
・フロントグリルモール:ダークメッキ
・フロントフードモール/フロントバンパーロアモール/バックドアガーニッシュ:スモークメッキ
・フロントフォグランプ:スモークメッキベゼル
・アウトサイドドアハンドル/インサイドドアハンドル(フロント):メッキ
・センタークラスターパネル/サイドレジスターベゼル/マルチインフォメーションディスプレイフード:ピアノブラック
・ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドア
・クルーズコントロール
・専用エンブレム(ハイボスカル製)

ボディーカラーは「ブラック」「ダークバイオレットマイカメタリック」に、特別設定色の「アイスチタニウムマイカメタリック」および3万2400円の有償色である「ホワイトパールクリスタルシャイン」を加えた全4色を用意している。

価格は以下の通り。
・ガソリン車、FF、8人乗り:280万440円
・ガソリン車、FF、7人乗り:283万680円
・ガソリン車、4WD、8人乗り:299万4840円
・ガソリン車、4WD、7人乗り:302万5080円
・ハイブリッド車、FF、7人乗り:332万1000円

(webCG)
 

関連キーワード:
ノア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ノア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタが「シエンタ」をマイナーチェンジ 2列シート車を新設定 2018.9.11 自動車ニュース トヨタ自動車は、コンパクトミニバン「シエンタ」をマイナーチェンジし、2018年9月11日に販売開始した。現行モデルの登場から丸3年が経過した今回の変更では、従来の3列シート車に加え新たに2列シート車を設定するとともに、安全性能を強化した。
  • ホンダN-VAN +STYLE FUN Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.18 試乗記 “withコロナ”時代のライフスタイルとして、小さめのコミューターやアウトドアに注目が集まるいま、ユーティリティーに優れる軽という選択肢はアリか? あらためてホンダの軽商用バン「N-VAN」に乗ってみた。
ホームへ戻る