クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタ ノア 試乗記・新型情報

「トヨタ・ノア」は、2001年11月に双子車の「ヴォクシー」と同時にデビューした5ナンバーサイズ・3列シートのミニバン。ラインナップ上は「ライトエース ノア/タウンエース ノア」の後継となるが、駆動方式をFRからFFに転換したためフラットフロアと広い室内空間を実現。若者向けのヴォクシーに対して、ノアはファミリー向けとされ、万人向けのおとなしいデザインである。パワートレインは2リッター直4+4段ATで、4WDも用意された。2007年6月にフルモデルチェンジして2代目に。全体的にキープコンセプトだが、変速機はCVTとなった。2014年1月に3代目に進化するが、ボディーは基本的に5ナンバーサイズで、7人乗りと8人乗りがある。新たに1.8リッター直4エンジン+モーターのハイブリッドが加えられた。

トヨタ ノア 試乗記 トヨタ ノア ニュース トヨタ ノア 画像・写真
  • 2022.4.6 デイリーコラム

    お買い得なのはどちら? 価格の近い「ヴォクシー」と「アルファード」を比べてみた

    受注好調が伝えられるトヨタの新型「ノア/ヴォクシー」だが、さまざまな機能装備の追加によって最上級グレードの価格が400万円近くにまで達している。これは「アルファード」のエントリーグレードを狙える価格でもあるのだ。果たしてどちらがお買い得なのだろうか。

  • 2022.3.7 デイリーコラム

    あまりの個性にあんぐり クルマの“顔”はこれでいいのか?

    トヨタのミニバンに三菱のSUV、そして一連のシトロエン……。あまりにも強烈な個性を放つ、これらのフロントデザインに必然性はあるのか? なぜ近年は、ギョッとするような顔のクルマが増えているのか? その背景について専門家が語る。

  • 2022.3.4 デイリーコラム

    本分を忘れるべからず! ミニバンの栄枯盛衰にみる“選ばれるファミリーカー”の条件とは

    いよいよ新型となる「トヨタ・ノア/ヴォクシー」や「ホンダ・ステップワゴン」のように、世代を経ても愛されるモデルがある一方で、消滅したビッグネームも少なくないミニバン市場。一過性のブームを超えて支持され続けるモデルの条件を考えた。

  • 2022.2.21 試乗記

    トヨタ・ノアS-Z(4WD/CVT)/ノアS-G(FF/CVT)/ヴォクシーS-Z(FF/CVT)【試乗記】

    トヨタの「ノア/ヴォクシー」がフルモデルチェンジ。進化したポイントを手短にいうと“全部”である。シートアレンジや収納スペースといったミニバンならではの要素を磨き上げただけでなく、最新の運転支援装備も惜しみなく投入。これだからトヨタの本気は恐ろしい。

  • 2022.2.9 デイリーコラム

    ひっそりと起きた大革命 新型「ノア/ヴォクシー」が積むハイブリッドはこれまでとは別物だ!

    トヨタの新型「ノア/ヴォクシー」は先代モデルから全方位的に進化を遂げているが、なかでも最も注目すべきはトヨタが“第5世代”とうたう、新しくなったハイブリッドシステムだ。その進化のほどを解説する。

  • 2022.1.24 デイリーコラム

    トヨタとホンダの最新ミニバンが激突! 選ぶべきはどっちだ?

    見た目からして対照的な、新型の「トヨタ・ノア/ヴォクシー」と「ホンダ・ステップワゴン」。では、どちらがどんなユーザーに向いているのか? 開発したメーカーのねらいも踏まえつつ、両モデルの特徴について解説する。

  • 2022.1.15 画像・写真

    東京オートサロン2022(モデリスタ)

    カスタマイズブランド、モデリスタを擁するトヨタカスタマイジング&ディベロップメントが、新型「トヨタ・ノア/ヴォクシー」のカスタマイズカーを東京オートサロン2022で初披露。そのディテールを写真で紹介する。

  • 2022.1.14 自動車ニュース

    新型「トヨタ・ノア/ヴォクシー」のカスタマイズアイテムがモデリスタから登場【東京オートサロン2022】

    トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは2022年1月14日、千葉・幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2022」において、モデリスタのカスタマイズパーツを装着した新型「トヨタ・ノア/ヴォクシー」を初披露した。

  • 2022.1.13 自動車ニュース

    新型「トヨタ・ノア/ヴォクシー」がデビュー より快適で安心・便利なミニバンに

    トヨタ自動車は2022年1月13日、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」の新型を発売した。これまで定評のあった「ミニバンならではの使い勝手の良さ」をさらに追求。安全性能も高められ、新たに4WDのハイブリッド車が選べるようになった。

  • 2022.1.13 画像・写真

    トヨタ・ノア/ヴォクシー

    8年ぶりのモデルチェンジで、「ミニバンならではの使い勝手の良さ」が一段とアップしたという新型「トヨタ・ノア/ヴォクシー」。その内外装およびディテールを写真で紹介する。

  • 2020.10.1 自動車ニュース

    トヨタが「ヴォクシー」と「ノア」に特別仕様車を設定 装備の充実で快適性をアップ

    トヨタ自動車は2020年10月1日、ミニバンの「ヴォクシー」と「ノア」に特別仕様車を設定し、同日に販売を開始した。内外装デザインの変更に加え、快適性の向上に寄与する装備を数多く採用している。

  • 2019.1.7 自動車ニュース

    トヨタが「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」を一部改良 特別仕様車も設定

    トヨタ自動車は2019年1月7日、ミニバンの「ヴォクシー」「ノア」「エスクァイア」を一部改良し、同日に販売を開始した。今回の一部改良では、昼間の歩行者も検知対象としたプリクラッシュセーフティーを採用するなどし、安全性能を強化した。

  • 2018.12.4 エッセイ

    第114回:アクアだ~い好き♡!

    清水草一の話題の連載。第114回は「アクアだ~い好き♡!」。発売から7年たった今も、売れ続ける「トヨタ・アクア」。4年間愛車として所有した筆者が最新モデルにプチ試乗、“我が愛するアクア”はどう変わっていたのか!?

  • 2018.11.27 エッセイ

    第113回:ご成約本当にありがとうございます

    清水草一の話題の連載。第113回は「ご成約本当にありがとうございました」。近所の東京トヨペットで、筆者が目撃した驚くべき光景とは? 絶大な人気を誇る「エスクァイア」にもプチ試乗、カーマニア視点から国内のミニバン人気に斬り込む!

  • 2018.11.20 エッセイ

    第112回:国内市場の特殊化が止まらない

    清水草一の話題の連載。第112回は「国内市場の特殊化が止まらない」。グローバルで売れる日本車は、国内で全然売れてない!? 世界販売ランキングとはまったく違う様相を見せる国内市場。今、大手国産ディーラーは輸入車をどう見ているのか?

  • 2018.9.25 エッセイ

    第104回:国民車議論ふたたび

    清水草一の話題の連載。第104回は「国民車議論ふたたび」。「スイフトスポーツを国民車に!」と声高に唱えていた筆者、しかしそれはかなわぬ夢なのか!? 兄弟車が幅をきかせる国内市場で、人気のクルマに共通する、ある特徴とは?

  • 2017.11.24 自動車ニュース

    「トヨタ・ノア」に、モノトーンで装った特別仕様車

    「トヨタ・ノア」に、モノトーンで装った特別仕様車「Si”W×B”」が設定された。

  • 2017.9.22 試乗記

    トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】

    トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。

  • 2017.9.19 画像・写真

    「トヨタGRシリーズ発表会」の会場から

    2017年9月19日に、トヨタが新たなスポーツコンバージョン車のブランド「GR」シリーズを発表。東京・江東区青海のMEGA WEBで行われた発表会の様子や、展示車両の姿を写真で紹介する。

  • 2017.9.19 試乗記

    トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】

    トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。