ホンダが「シャトル」を一部改良し発売

2016.08.04 自動車ニュース
「ホンダ・シャトル ハイブリッドZ」
「ホンダ・シャトル ハイブリッドZ」 拡大

本田技研工業は2016年8月4日、コンパクトステーションワゴン「ホンダ・シャトル」の一部仕様変更を発表した。同年8月5日に販売を開始する。

「シャトル ハイブリッドX」のリアビュー。写真のボディーカラーはプレミアムクリスタルレッド・メタリック
「シャトル ハイブリッドX」のリアビュー。写真のボディーカラーはプレミアムクリスタルレッド・メタリック。 拡大
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルーセブラック・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルーセブラック・メタリック。 拡大
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルナシルバー・メタリック。
「シャトル ハイブリッドZ」。写真のボディーカラーはルナシルバー・メタリック。 拡大

今回、インテリアライトのLED化、カラーバリエーションの変更に加え、「ハイブリッドX」、「ハイブリッドZ」には、ステンレス製スポーツペダルやETC車載器など、2015年12月に発売した特別仕様車「STYLE EDITION(スタイルエディション)」の装備を標準化。内外装ともに、さらなる質感の向上を図っている。

各グレードの主な変更点や追加装備は以下の通り。
【全グレード共通】
・インテリアライト(フロントマップランプ、ルームランプ、ラゲッジルームランプ)のLED化
・新ボディーカラー(プレミアムクリスタルレッド・メタリック、ルーセブラック・メタリック、ルナシルバー・メタリック)の採用

【ハイブリッドX】
・フォグライト
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器(音声タイプ)

【ハイブリッドZ】
・本革巻きステアリングホイール(スムースレザー)
・ステンレス製スポーツペダル
・ETC車載器(音声タイプ)
・トノカバー

価格は「G」(FF車)の169万5000円からハイブリッドZ(4WD車)の255万7000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
シャトル, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ シャトル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シャトル ハイブリッドZ(FF/7AT)/シャトル ハイブリッドX(FF/7AT)/シャトルG(FF/CVT)【試乗記】 2015.6.9 試乗記 もはや派生車種にあらず。「フィット」の名に別れを告げ、車名も新たに「ホンダ・シャトル」となって登場したホンダの新型コンパクトワゴンの実力を探る。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
  • ホンダがコンパクトワゴン「シャトル」をマイナーチェンジ 2019.5.10 自動車ニュース ホンダがコンパクトワゴン「シャトル」をマイナーチェンジ。ロー&ワイド感やシャープなイメージを強調すべくエクステリアのデザインを変更したほか、シートの意匠を変更するなど、インテリアにも手を加えている。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • 第174回:第一印象は毒虫 2020.5.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第174回は「第一印象は毒虫」。新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」のデザインを斬る! 果たして、傑作か駄作か? 愛車の「シトロエンDS3」との比較で明らかになった、衝撃の事実をリポート。
ホームへ戻る