【オートモビル カウンシル2016】マクラーレンが「570GT」を本邦初公開

2016.08.05 自動車ニュース
日本初公開された「マクラーレン570GT」。
日本初公開された「マクラーレン570GT」。 拡大

マクラーレン・オートモーティブ・アジアは2016年8月5日、幕張メッセで開催されているヘリテージカーイベント「オートモビル カウンシル2016」(開催期間:2016年8月5日~8月7日)で、新型スポーツカー「マクラーレン570GT」を日本初披露した。車両本体価格は2752万7000円から。(関連記事はこちら)

キャビンの後方にはラゲッジスペースが用意される。右ハンドル車の場合、リアガラスは右ヒンジで開く。
キャビンの後方にはラゲッジスペースが用意される。右ハンドル車の場合、リアガラスは右ヒンジで開く。 拡大
車両本体価格は2752万7000円から
車両本体価格は2752万7000円から。 拡大

■キャビン後方に「ツーリングデッキ」を設定

570GTは、マクラーレンのモデル戦略上では「スポーツシリーズ」と呼ばれるベーシックなモデルラインに属し、「570Sクーペ」と「540Cクーペ」に続く第3のモデルとなる。同社がこれまで発表してきた中で最も実用性に優れており、長距離の移動や週末の旅行などの用途を想定しているという。

固定式のガラス・パノラミックルーフが標準で装備され、キャビンは明るく開放的な雰囲気に保たれる。また、シートの後方には「ツーリングデッキ」と呼ばれる220リッターのラゲッジスペースが用意されており、フロントのトランク(150リッター)と合わせると収納スペースは合計で370リッターに達する。ドアは跳ね上げ式。他のスポーツシリーズと同様に、サイドシルが低く、狭くなっているおかげで、乗降性が改善されている。

3.8リッターのV8ツインターボエンジン(570ps、600Nm)を搭載し、7段のデュアルクラッチトランスミッションが組み合わされる。動力性能は0-100km/h加速が3.4秒で、最高速は328km/h。

(webCG)

関連キーワード:
570GT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.9.25 試乗記 圧倒的な動力性能を持つスーパーカーでありながら、快適性や利便性も徹底追求したという「マクラーレンGT」。南仏コート・ダジュールでそのステアリングを握った筆者は、新機軸というべき走りに驚かされたのだった。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • アウディが新型「A3セダン」を発表 コックピットや操作系のデジタル化を推進 2020.4.24 自動車ニュース 独アウディは2020年4月21日(現地時間)、2代目となる新型「A3セダン」を公開した。欧州では同年4月末から受注を開始し、納車は同年夏にスタート。価格はエントリーレベルのガソリンエンジン搭載車で2万7700ユーロからとなる。
  • ボルボV60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.27 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」のラインナップで、最も高性能な「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗。2リッター直4エンジンにターボとスーパーチャージャー、そして電動モーターを組み合わせた、“全部乗せ”400PSオーバーPHVの走りとは?
ホームへ戻る