【オートモビル カウンシル2016】マクラーレンが「570GT」を本邦初公開

2016.08.05 自動車ニュース
日本初公開された「マクラーレン570GT」。
日本初公開された「マクラーレン570GT」。 拡大

マクラーレン・オートモーティブ・アジアは2016年8月5日、幕張メッセで開催されているヘリテージカーイベント「オートモビル カウンシル2016」(開催期間:2016年8月5日~8月7日)で、新型スポーツカー「マクラーレン570GT」を日本初披露した。車両本体価格は2752万7000円から。(関連記事はこちら)

キャビンの後方にはラゲッジスペースが用意される。右ハンドル車の場合、リアガラスは右ヒンジで開く。
キャビンの後方にはラゲッジスペースが用意される。右ハンドル車の場合、リアガラスは右ヒンジで開く。 拡大
車両本体価格は2752万7000円から
車両本体価格は2752万7000円から。 拡大

■キャビン後方に「ツーリングデッキ」を設定

570GTは、マクラーレンのモデル戦略上では「スポーツシリーズ」と呼ばれるベーシックなモデルラインに属し、「570Sクーペ」と「540Cクーペ」に続く第3のモデルとなる。同社がこれまで発表してきた中で最も実用性に優れており、長距離の移動や週末の旅行などの用途を想定しているという。

固定式のガラス・パノラミックルーフが標準で装備され、キャビンは明るく開放的な雰囲気に保たれる。また、シートの後方には「ツーリングデッキ」と呼ばれる220リッターのラゲッジスペースが用意されており、フロントのトランク(150リッター)と合わせると収納スペースは合計で370リッターに達する。ドアは跳ね上げ式。他のスポーツシリーズと同様に、サイドシルが低く、狭くなっているおかげで、乗降性が改善されている。

3.8リッターのV8ツインターボエンジン(570ps、600Nm)を搭載し、7段のデュアルクラッチトランスミッションが組み合わされる。動力性能は0-100km/h加速が3.4秒で、最高速は328km/h。

(webCG)

関連キーワード:
570GT, マクラーレン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • マクラーレン570Sスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.2.7 試乗記 マクラーレンのエントリーレンジを担う「スポーツシリーズ」に、第4のモデル「570Sスパイダー」が登場。570psのV8ツインターボと開放的なオープンボディーが織り成す走りに加え、単なるエントリーモデルにはとどまらない走りの魅力をリポートする。
  • マクラーレン600LT 2018.7.30 画像・写真 マクラーレンから高性能モデル「600LT」が登場。エンジンのパワーアップに加え、大幅な軽量化や空力特性の見直しによって運動性能を追求したモデルで、0-100km/h=2.9秒という加速力に加え、「675LT」を上回るコーナリングスピードも実現しているという。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
ホームへ戻る