【オートモビル カウンシル2016】マクラーレンが「570GT」を本邦初公開

2016.08.05 自動車ニュース
日本初公開された「マクラーレン570GT」。
日本初公開された「マクラーレン570GT」。 拡大

マクラーレン・オートモーティブ・アジアは2016年8月5日、幕張メッセで開催されているヘリテージカーイベント「オートモビル カウンシル2016」(開催期間:2016年8月5日~8月7日)で、新型スポーツカー「マクラーレン570GT」を日本初披露した。車両本体価格は2752万7000円から。(関連記事はこちら)

キャビンの後方にはラゲッジスペースが用意される。右ハンドル車の場合、リアガラスは右ヒンジで開く。
キャビンの後方にはラゲッジスペースが用意される。右ハンドル車の場合、リアガラスは右ヒンジで開く。 拡大
車両本体価格は2752万7000円から
車両本体価格は2752万7000円から。 拡大

■キャビン後方に「ツーリングデッキ」を設定

570GTは、マクラーレンのモデル戦略上では「スポーツシリーズ」と呼ばれるベーシックなモデルラインに属し、「570Sクーペ」と「540Cクーペ」に続く第3のモデルとなる。同社がこれまで発表してきた中で最も実用性に優れており、長距離の移動や週末の旅行などの用途を想定しているという。

固定式のガラス・パノラミックルーフが標準で装備され、キャビンは明るく開放的な雰囲気に保たれる。また、シートの後方には「ツーリングデッキ」と呼ばれる220リッターのラゲッジスペースが用意されており、フロントのトランク(150リッター)と合わせると収納スペースは合計で370リッターに達する。ドアは跳ね上げ式。他のスポーツシリーズと同様に、サイドシルが低く、狭くなっているおかげで、乗降性が改善されている。

3.8リッターのV8ツインターボエンジン(570ps、600Nm)を搭載し、7段のデュアルクラッチトランスミッションが組み合わされる。動力性能は0-100km/h加速が3.4秒で、最高速は328km/h。

(webCG)

関連キーワード:
570GT, マクラーレン, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露 2020.9.14 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。
ホームへ戻る