「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」にオープンモデル登場

2016.08.22 自動車ニュース

「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」


	「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」
	拡大

英アストンマーティンは、カリフォルニアのペブルビーチで開催されたヒストリックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、限定モデル「ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」を発表した。

■99台限定の特別なオープンモデル

アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテは、2016年5月にコンセプトカーが発表され、同年6月に99台限定での販売がアナウンスされた「ヴァンキッシュ ザガート」のオープンモデルである。

内外装デザインの特徴はヴァンキッシュ ザガートに準じたものだが、クーペとオープンということでボディーのリアセクションは大きく異なり、ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテではツインカウルを設けたリアデッキを設置。オープン時には、このカウルの下にトップを格納する。

両モデルともに最高出力592bhp(約600ps)のV12エンジンが搭載され、0-60mph(約96km/h)加速が3.7秒(予測値)という動力性能が見込まれている。

アストンマーティンとザガートのコラボレーションによるオープンモデルはこれが初めてではなく、1987年にジュネーブで発表された「V8ザガート ヴォランテ」や、2003年に発表された「DB AR1」などが存在する。特にDB AR1はザガート製のボディーを架装した「DB7」のオープンバージョンとして開発され、99台が限定販売された。

今回のモデルも販売台数は99台の限定。購入者への納車については、2017年第1四半期を予定している。価格や日本への導入台数などについては未定。

(webCG)
 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストン・マーティン V8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)【試乗記】 2009.3.3 試乗記 アストン・マーティンV8ヴァンテージ ロードスター(FR/6AT)
    ……1853万8800円

    排気量をアップするなど、昨年ビッグマイナーチェンジを受けた“ベビー・アストン”。その乗り味を、2ペダルMTのオープンモデル「ロードスター」でチェックしてみた。
  • ジャガーFタイプ Rダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)【試乗記】 2018.10.3 試乗記 ジャガーのオープントップモデル「Fタイプ コンバーチブル」に、2リッター直4ターボエンジン搭載モデルが登場。ダウンサイジング化したジャガーにピュアスポーツカーを駆るよろこびはあるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で吟味した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • アストン・マーティンDB9ヴォランテ(FR/6AT)【試乗記】 2008.2.4 試乗記 アストン・マーティンDB9ヴォランテ(FR/6AT)
    ……2191万2100円

    イギリスのゲイドンで手造りされる、12気筒の高級スポーツカー「アストン・マーティンDB9」。オープンバージョンの「ヴォランテ」を駆り、その魅力を探った。
ホームへ戻る