「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート」にオープンモデル登場

2016.08.22 自動車ニュース

「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」


	「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」
	拡大

英アストンマーティンは、カリフォルニアのペブルビーチで開催されたヒストリックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、限定モデル「ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ」を発表した。

■99台限定の特別なオープンモデル

アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテは、2016年5月にコンセプトカーが発表され、同年6月に99台限定での販売がアナウンスされた「ヴァンキッシュ ザガート」のオープンモデルである。

内外装デザインの特徴はヴァンキッシュ ザガートに準じたものだが、クーペとオープンということでボディーのリアセクションは大きく異なり、ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテではツインカウルを設けたリアデッキを設置。オープン時には、このカウルの下にトップを格納する。

両モデルともに最高出力592bhp(約600ps)のV12エンジンが搭載され、0-60mph(約96km/h)加速が3.7秒(予測値)という動力性能が見込まれている。

アストンマーティンとザガートのコラボレーションによるオープンモデルはこれが初めてではなく、1987年にジュネーブで発表された「V8ザガート ヴォランテ」や、2003年に発表された「DB AR1」などが存在する。特にDB AR1はザガート製のボディーを架装した「DB7」のオープンバージョンとして開発され、99台が限定販売された。

今回のモデルも販売台数は99台の限定。購入者への納車については、2017年第1四半期を予定している。価格や日本への導入台数などについては未定。

(webCG)
 

関連キーワード:
ヴァンキッシュ ヴォランテ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2020.3.28 試乗記 「アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」に試乗。ルーフを開け放って5.2リッターV12ツインターボのサウンドに包まれれば、アストンとイタリアンハイパーカーとの、目指すところの違いが見えてくるだろう。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • アウディA4アバント35 TFSIアドバンスト(FF/7AT)【試乗記】 2020.10.26 試乗記 フルモデルチェンジと見まがうほどに大幅な改良が行われた、最新の「アウディA4」が上陸。同シリーズの代表モデルともいえるステーションワゴン「アバント」に試乗し、新型パワーユニットや熟成されたシャシーの出来栄えを確かめた。
  • 日本仕様の新型「ルノー・ルーテシア」が国内初お披露目に 2020.10.15 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年10月15日、同日に国内導入を発表し、同年11月6日に発売する新型「ルーテシア」の日本仕様を初披露した。10月17日まで開催されるデザイン見本市「rooms41」のルノーブースに展示している。
ホームへ戻る