「トヨタ・プロボックス/サクシード」の安全性能が向上

2016.08.31 自動車ニュース
「トヨタ・プロボックス」
「トヨタ・プロボックス」 拡大

トヨタ自動車は2016年8月30日、一部仕様を変更した「プロボックス」と「サクシード」を発売した。

「プロボックス」のリアビュー。
「プロボックス」のリアビュー。 拡大
「サクシード」
「サクシード」 拡大

今回、商用バンとして初搭載となるプリクラッシュセーフティーシステムと、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備。さらに、コンライトやイルミネーテッドエントリーシステムを全車標準装備とすることで、利便性も向上させた。

1.5リッターのFF車には、アイドリングストップ機能(スタート&ストップシステム)を搭載。19.6km/リッターのJC08モード走行燃費を実現した。

ラインナップと価格は以下の通り。

【プロボックス】
・DX(1.3リッター/FF車):138万0240円
・DX(1.5リッター/FF車):155万6280円
・DX(1.5リッター/4WD車):171万5040円
・DXコンフォート(1.3リッター/FF車):141万6960円
・DXコンフォート(1.5リッター/FF車):159万3000円
・DXコンフォート(1.5リッター/4WD車):175万1760円
・GL(1.3リッター/FF車):148万8240円
・GL(1.5リッター/FF車):166万4280円
・GL(1.5リッター/4WD車):182万3040円
・F(1.5リッター/FF車):170万2080円
・F(1.5リッター/4WD車):186万0840円

【サクシード】
・U(1.5リッター/FF車):155万6280円
・U(1.5リッター/4WD車):171万5040円
・UL(1.5リッター/FF車):159万3000円
・UL(1.5リッター/4WD車):175万1760円
・UL-X(1.5リッター/FF車):166万4280円
・UL-X(1.5リッター/4WD車):182万3040円
・TX(1.5リッター/FF車):170万2080円
・TX(1.5リッター/4WD車):186万0840円

(webCG)

関連キーワード:
プロボックス, サクシード, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プロボックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
ホームへ戻る