「トヨタ・プロボックス/サクシード」の安全性能が向上

2016.08.31 自動車ニュース
「トヨタ・プロボックス」
「トヨタ・プロボックス」 拡大

トヨタ自動車は2016年8月30日、一部仕様を変更した「プロボックス」と「サクシード」を発売した。

「プロボックス」のリアビュー。
「プロボックス」のリアビュー。 拡大
「サクシード」
「サクシード」 拡大

今回、商用バンとして初搭載となるプリクラッシュセーフティーシステムと、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備。さらに、コンライトやイルミネーテッドエントリーシステムを全車標準装備とすることで、利便性も向上させた。

1.5リッターのFF車には、アイドリングストップ機能(スタート&ストップシステム)を搭載。19.6km/リッターのJC08モード走行燃費を実現した。

ラインナップと価格は以下の通り。

【プロボックス】
・DX(1.3リッター/FF車):138万0240円
・DX(1.5リッター/FF車):155万6280円
・DX(1.5リッター/4WD車):171万5040円
・DXコンフォート(1.3リッター/FF車):141万6960円
・DXコンフォート(1.5リッター/FF車):159万3000円
・DXコンフォート(1.5リッター/4WD車):175万1760円
・GL(1.3リッター/FF車):148万8240円
・GL(1.5リッター/FF車):166万4280円
・GL(1.5リッター/4WD車):182万3040円
・F(1.5リッター/FF車):170万2080円
・F(1.5リッター/4WD車):186万0840円

【サクシード】
・U(1.5リッター/FF車):155万6280円
・U(1.5リッター/4WD車):171万5040円
・UL(1.5リッター/FF車):159万3000円
・UL(1.5リッター/4WD車):175万1760円
・UL-X(1.5リッター/FF車):166万4280円
・UL-X(1.5リッター/4WD車):182万3040円
・TX(1.5リッター/FF車):170万2080円
・TX(1.5リッター/4WD車):186万0840円

(webCG)

関連キーワード:
プロボックス, サクシード, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プロボックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • ホンダN-ONEプレミアム(CVT)/N-ONE RS(CVT)/N-ONE RS(6MT)【試乗記】 2020.12.15 試乗記 クラシックなスタイリングと上質な走りが自慢の軽乗用車「ホンダN-ONE」が、デビューから8年を経てフルモデルチェンジ。初代から受け継がれた“タイムレス”なデザインと、隔世の進化を遂げた走りを併せ持つ一台の、希有(けう)な魅力をリポートする。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • マツダが「CX-30」を一部改良 走行性能と安全性を向上 2020.12.17 自動車ニュース マツダが、コンパクトクロスオーバーモデル「CX-30」に一部改良を実施。よりドライバーの意図した通りに走るよう、パワートレインの制御を見直した。同時に、2020年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーにおけるトップ3選出を祝う特別仕様車も設定している。
ホームへ戻る