日産、「リーフ」の累計20万台記念特別仕様車を発売

2016.10.04 自動車ニュース

「日産リーフ サンクスエディション」(写真は新色「スミオブルー」のモデル)


	「日産リーフ サンクスエディション」(写真は新色「スミオブルー」のモデル)
	拡大

日産自動車は2016年10月3日、「日産リーフ」の世界累計販売20万台達成を記念し、同車に特別仕様車「thanks edition(サンクスエディション)」を設定。同日、販売を開始した。

特別装備「BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー」のイメージ。
特別装備「BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー」のイメージ。 拡大
「リーフG(30kWh)サンクスエディション」の本革シート。
「リーフG(30kWh)サンクスエディション」の本革シート。 拡大
新色「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」の「リーフ サンクスエディション」。
新色「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」の「リーフ サンクスエディション」。 拡大
新色の「シャイニーブロンズ」。「リーフ」には、全12種類のボディーカラーがラインナップされる。
新色の「シャイニーブロンズ」。「リーフ」には、全12種類のボディーカラーがラインナップされる。 拡大

今回のリーフ サンクスエディションは、2015年12月のマイナーチェンジで追加された30kWh駆動用バッテリー搭載モデルの「X」「Xエアロスタイル」「G」「Gエアロスタイル」をベースに、機能・装備を充実させたモデルである。

各車の特別装備は以下の通り。

「X(30kWh)サンクスエディション」および「Xエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション」
・LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付き)
・オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)
・17インチアルミホイール(※ Xエアロスタイルは、ベース車から標準装備)

「G(30kWh)サンクスエディション」および「Gエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション」
・本革シート(※ Gエアロスタイルはモダンホワイトレザーシート)
・ヒーター付きドアミラー
・アラウンドビューモニター(トップビュー/サイドブラインド/フロントビュー/バックビュー)
・BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー

それぞれ、以下の価格で販売される。

・X(30kWh)サンクスエディション:372万3840円
・Xエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション:401万5440円
・G(30kWh)サンクスエディション:412万6680円
・Gエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション:456万4080円

また今回、サンクスエディションを含むリーフ全車に「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」「スミオブルー」「シャイニーブロンズ」の3種類のボディーカラーを追加設定。カラーバリエーションは全12種類となった。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフNISMO(FWD)【試乗記】 2020.7.23 試乗記 ピュアEV「日産リーフ」のマイナーチェンジに合わせ、チューンドコンプリートモデル「リーフNISMO」も進化。ステアリングギアボックスやサスペンションを改良し磨きをかけたという走りを、同社のテストコース「グランドライブ」で確かめた。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
ホームへ戻る