日産、「リーフ」の累計20万台記念特別仕様車を発売

2016.10.04 自動車ニュース

「日産リーフ サンクスエディション」(写真は新色「スミオブルー」のモデル)


	「日産リーフ サンクスエディション」(写真は新色「スミオブルー」のモデル)
	拡大

日産自動車は2016年10月3日、「日産リーフ」の世界累計販売20万台達成を記念し、同車に特別仕様車「thanks edition(サンクスエディション)」を設定。同日、販売を開始した。

特別装備「BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー」のイメージ。
特別装備「BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー」のイメージ。 拡大
「リーフG(30kWh)サンクスエディション」の本革シート。
「リーフG(30kWh)サンクスエディション」の本革シート。 拡大
新色「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」の「リーフ サンクスエディション」。
新色「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」の「リーフ サンクスエディション」。 拡大
新色の「シャイニーブロンズ」。「リーフ」には、全12種類のボディーカラーがラインナップされる。
新色の「シャイニーブロンズ」。「リーフ」には、全12種類のボディーカラーがラインナップされる。 拡大

今回のリーフ サンクスエディションは、2015年12月のマイナーチェンジで追加された30kWh駆動用バッテリー搭載モデルの「X」「Xエアロスタイル」「G」「Gエアロスタイル」をベースに、機能・装備を充実させたモデルである。

各車の特別装備は以下の通り。

「X(30kWh)サンクスエディション」および「Xエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション」
・LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付き)
・オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付き)
・17インチアルミホイール(※ Xエアロスタイルは、ベース車から標準装備)

「G(30kWh)サンクスエディション」および「Gエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション」
・本革シート(※ Gエアロスタイルはモダンホワイトレザーシート)
・ヒーター付きドアミラー
・アラウンドビューモニター(トップビュー/サイドブラインド/フロントビュー/バックビュー)
・BOSE Energy Efficient Series 7スピーカー

それぞれ、以下の価格で販売される。

・X(30kWh)サンクスエディション:372万3840円
・Xエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション:401万5440円
・G(30kWh)サンクスエディション:412万6680円
・Gエアロスタイル(30kWh)サンクスエディション:456万4080円

また今回、サンクスエディションを含むリーフ全車に「ビターショコラ/スーパーブラック 2トーン」「スミオブルー」「シャイニーブロンズ」の3種類のボディーカラーを追加設定。カラーバリエーションは全12種類となった。

(webCG)

関連キーワード:
リーフ, 日産, 自動車ニュース

日産 リーフ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • 日産リーフe+(FF)【試乗記】 2019.3.7 試乗記 「日産リーフ」の高性能モデル「リーフe+」に試乗。バッテリーとモーターを大幅に強化し、航続距離は4割アップの458km! さらなる自由を手に入れた追加モデルの実力は? テスラ車との比較を交えてリポートする。
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
  • 新型グランドツアラー「マクラーレンGT」登場 2019.5.16 自動車ニュース 英マクラーレン・オートモーティブは2019年5月15日(現地時間)、ニューモデル「マクラーレンGT」を発表した。同モデルは従来のスポーツシリーズ、スーパーシリーズ、アルティメットシリーズに並ぶ位置づけになるという。
  • BMW 750Li xDrive(4WD/8AT)/745Le(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.16 試乗記 マイナーチェンジされた「BMW 7シリーズ」に試乗。より存在感を増した“キドニーグリル”の大きさも気になるところだが、その進化の本質は“バイエルンのエンジン工場”ならではのパワートレインの洗練にあった。
ホームへ戻る