「メルセデス・ベンツCLS」に新グレード追加

2011.10.24 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCLS」に新グレード「CLS550ブルーエフィシェンシー」追加

メルセデス・ベンツ日本は2011年10月24日、4ドアクーペ「CLS」に4.7リッターV8直噴ツインターボ搭載の新グレード「CLS550ブルーエフィシェンシー」を追加した。

2011年2月にフルモデルチェンジした2代目「CLS」に、新世代4.7リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「CLS550ブルーエフィシェンシー」が加わった。このエンジンは、すでに「CL550ブルーエフィシェンシー」や「S550ブルーエフィシェンシー」にも採用されているもので、ピエゾインジェクターを用いたスプレーガイデッドガソリン直噴システムや、1000分の1秒以内に最大4回の点火スパークを行うマルチスパークイグニッションなどにより、低燃費化を実現している。

トランスミッションは7段AT「7Gトロニックプラス」が組み合わされ、アイドリングストップ機構「ECOスタートストップ」を備えるのは、V6モデルの「CLS350ブルーエフィシェンシー」と共通だ。

キモとなる4.7リッターV8ユニットは、最高出力408ps、最大トルク61.2kgmを発生。先代の「CLS550」比で出力とトルクは21ps、7.1kgm向上しており、燃費は約50%改善しているという。

CLS550ブルーエフィシェンシーは、AMGスタイリングパッケージ(フロントスポイラー/リアスカート)、19インチAMG 5スポークアルミホイール、ツインクロームエグゾーストエンド、シングルルーバーフロントグリルなどによりエクステリアがスポーティーな仕立てとなるほか、ガラススライディングルーフや「harman/kardonロジック7サラウンドサウンドシステム」が標準で装備される。またインテリアには、「エクスクルーシブパッケージ」と呼ばれるセミアニリンレザーシート採用のフルレザー内装(ルーフライナーはアルカンターラ)が、同グレード専用オプションとして設定される。

CLS350ブルーエフィシェンシーではオイル注入式ダンパーシステム(電子制御可変システム式)となるサスペンションは、電子制御式エアサスペンション「AIRマティックサスペンション」にグレードアップする。

価格は、1175万円。CLS350比で245万円高の設定だ。

(webCG 曽宮)

「メルセデス・ベンツCLS550 ブルーエフィシェンシー」
「メルセデス・ベンツCLS550 ブルーエフィシェンシー」 拡大

関連キーワード:
CLSクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ CLSクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG C43 4MATICステーションワゴン(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.23 試乗記 直4ターボの「Cクラス」と、V8ツインターボを搭載する「AMG C63」の中間に位置づけられる「メルセデスAMG C43」。その「ステーションワゴン」に試乗してわかったのは、このモデルならではのバランスのよさだった。
  • メルセデスAMG CLS53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2019.8.15 試乗記 最高出力435psを誇る「メルセデスAMG CLS53 4MATIC+」は、4ドアクーペ「CLS」のトップパフォーマンスモデルだ。公道で実力の一端を……と試乗に臨んだリポーターは、むしろ“公道でこそ”と思えるフットワークの仕上がりに驚いたのだった。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツCLS450 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.8 試乗記 「メルセデス・ベンツCLSクーペ」に試乗。テスト車は新開発の直6エンジンを積んだアッパーグレード。その技術的な素晴らしさにひとしきり感心したのちにリポーターが見いだしたのは、この4ドアクーペが漂わせる、もっと根源的、人類的ともいえる魅力だった。
ホームへ戻る