三菱、「パジェロ」を一部改良

2011.10.20 自動車ニュース

三菱、「パジェロ」を一部改良

三菱自動車は2011年10月20日、クロスカントリー車の「パジェロ」を一部変更し、発売した。

2006年10月に4代目にフルモデルチェンジした「パジェロ」が、2010年9月に「ポスト新長期規制」をクリアする3.2リッター“クリーンディーゼル”エンジンを搭載し、注目を集めたのは記憶に新しい。発売から1年間の国内販売台数は前年同期に比べて5割アップし、うち約7割がディーゼルエンジン車というから、クリーンディーゼルに対する期待の高さがうかがえる。

そのパジェロが内外装やグレード展開などを変更した。主な点として、エクステリアでは、両端に太い縦のバーを配したフロントグリルを採用するとともに、フロントバンパーを空力に優れた形状に変更。さらに、フロントのアンダーカバーをブラックに変更することなどで、精悍(せいかん)なイメージを前面に押し出している。アルミホイールは、デザインの変更とともに1本あたり約1kgの軽量化を実現。ボディーカラーは、新色の「ダイヤモンドブラックマイカ」を新設定し、またツートーンのボディーカラーに「クールシルバーメタリック」と「アイガーグレーメタリック」の組み合わせを新たに用意した(「SUPER EXCEED」および「EXCEED」)。

インテリアでは、オーディオやエアコンのスイッチ類のイルミネーションをアンバーレッドに変更。パワーウィンドウのスイッチのデザインやファブリックシートの柄などの変更も行った。

さらに、メーカーオプションをパッケージ化して割安な価格で提供する「ベーシックパッケージ」「ラグジュアリーパッケージ」「フルパッケージA」「フルパッケージB」を新たに設定している。ラインナップは、ショートボディー車が「SUPER EXCEED」を廃止して「VR-II(3.2リッターディーゼル)」と「VR-I(3リッターガソリン)」の2グレードに。ロングボディー車は従来どおり「GR」「EXCEED」「SUPER EXCEED」の3グレードである。

価格は以下のとおり

ショートボディー車
・VR-I(3.0リッターガソリン/5MT):260万4000円
・VR-I(3.0リッターガソリン/5AT):275万1000円
・VR-II(3.2リッターディーゼル/5AT):384万3000円

ロングボディー車
・GR(3.0リッターガソリン/5MT):289万8000円
・GR(3.0リッターガソリン/5AT):304万5000円
・GR(3.2リッターディーゼル/5AT):360万2000円
・EXCEED(3.0リッターガソリン/5AT):361万2000円
・EXCEED(3.2リッターディーゼル/5AT):411万6000円
・SUPER EXCEED(3.0リッターガソリン/5AT):447万3000円
・SUPER EXCEED(3.2リッターディーゼル/5AT):476万7000円

(文=生方聡)

「三菱パジェロ SUPER EXCEED」
「三菱パジェロ SUPER EXCEED」 拡大
「パジェロ GR」
「パジェロ GR」 拡大
「パジェロ EXCEED」
「パジェロ EXCEED」 拡大
「パジェロ VR-I」
「パジェロ VR-I」 拡大

関連キーワード:
パジェロ, 三菱, 自動車ニュース

三菱 パジェロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • 第3世代の「スズキ・ハヤブサ」登場 中低速域のパワー&トルクが向上 2021.2.5 自動車ニュース スズキは2021年2月5日、フラッグシップバイク「ハヤブサ」の新型を発表した。3世代目にあたる新型は13年ぶりの全面改良モデルで、同年2月末ごろから、欧州、北米、日本などで順次販売が開始される。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
ホームへ戻る