「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車

2016.11.16 自動車ニュース
「スズキ・イグニスFリミテッド」
「スズキ・イグニスFリミテッド」拡大

スズキは2016年11月16日、コンパクトクロスオーバー車「イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像拡大

今回の特別仕様車は、上級グレード「ハイブリッドMZ」をベースにルーフレールやフェンダーアーチモールなどを装備することでSUVテイストを強調するとともに、汚れを拭き取りやすいレザー調シート表皮や防汚タイプのラゲッジフロアなど、アクティブなユーザーに向けた装備を充実させたモデルである。

具体的な特別装備は以下の通り。
・ルーフレール/フェンダーアーチモール/サイドアンダーモール
・専用色16インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・カラードドアミラー(ブラック塗装、「スーパーブラックパール」塗装車はボディーカラーと同色)
・専用本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
・専用シフトブーツ(シルバーステッチ)
・専用本革巻きパーキングブレーキレバー(シルバーステッチ)
・専用色センターコンソール(一部カーキ塗装)
・専用色インサイドドアグリップ(一部カーキ塗装)
・専用シート表皮(レザー調)
・防汚タイプラゲッジフロア(リアシートバック背面、ラゲッジボード、スライドラゲッジボード)
・ブラックインテリア(インパネロア、フロントドアロワトリム、リアドアアームレスト)
・助手席シートヒーター(FF車、4WD車では標準装備)

価格はFF車が168万8040円、4WD車が182万1960円。

(webCG)
 

関連キーワード:
イグニス, スズキ, 自動車ニュース

スズキ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • スズキ・イグニス(前編) 2016.1.21 画像・写真 スズキが、2015年の東京モータショーでお披露目したクロスオーバータイプのコンパクトカー「イグニス」をいよいよ発売。歴代スズキ車のエッセンスを取り入れたという個性的なエクステリアデザインや、インテリアのディテールを写真でリポートする。
  • 「100万円台でリッター36km」の衝撃! 新型「ヤリス」は小型車市場に新風を巻き起こすか? 2019.12.20 デイリーコラム 199万8000円の最廉価ハイブリッドでWLTCモードの燃費値は36.0km/リッターと、驚きのスペックが明らかにされた新型「トヨタ・ヤリス」。軽乗用車に圧(お)され気味なコンパクトカーの世界を変えることはできるだろうか。
  • ホンダ・フィット プロトタイプ【試乗記】 2019.12.16 試乗記 2020年2月の発売が予告されている、4代目「ホンダ・フィット」。メーカーの期待を背負うコンパクトカーは、ユーザーを満足させるクルマに仕上がっているか? 開発用のテストコースで、その実力を確かめた。
ホームへ戻る