「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車

2016.11.16 自動車ニュース
「スズキ・イグニスFリミテッド」
「スズキ・イグニスFリミテッド」拡大

スズキは2016年11月16日、コンパクトクロスオーバー車「イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」を設定し、販売を開始した。

 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像拡大
 
「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車の画像拡大

今回の特別仕様車は、上級グレード「ハイブリッドMZ」をベースにルーフレールやフェンダーアーチモールなどを装備することでSUVテイストを強調するとともに、汚れを拭き取りやすいレザー調シート表皮や防汚タイプのラゲッジフロアなど、アクティブなユーザーに向けた装備を充実させたモデルである。

具体的な特別装備は以下の通り。
・ルーフレール/フェンダーアーチモール/サイドアンダーモール
・専用色16インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)
・カラードドアミラー(ブラック塗装、「スーパーブラックパール」塗装車はボディーカラーと同色)
・専用本革巻きステアリングホイール(シルバーステッチ)
・専用シフトブーツ(シルバーステッチ)
・専用本革巻きパーキングブレーキレバー(シルバーステッチ)
・専用色センターコンソール(一部カーキ塗装)
・専用色インサイドドアグリップ(一部カーキ塗装)
・専用シート表皮(レザー調)
・防汚タイプラゲッジフロア(リアシートバック背面、ラゲッジボード、スライドラゲッジボード)
・ブラックインテリア(インパネロア、フロントドアロワトリム、リアドアアームレスト)
・助手席シートヒーター(FF車、4WD車では標準装備)

価格はFF車が168万8040円、4WD車が182万1960円。

(webCG)
 

関連キーワード:
イグニス, スズキ, 自動車ニュース

スズキ イグニス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
  • ホンダ・フィット モデューロX プロトタイプ(FF)【レビュー】 2020.12.10 試乗記 ホンダのコンパクトハッチバック車「フィット」に、間もなく人気のコンプリートカー「モデューロX」が追加される。プロトタイプにサーキットでチョイ乗りという限られた条件ながら、ホンダアクセス自慢の「実効空力デバイス」を味わってみた。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークSE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2021.2.26 試乗記 ランドローバーが擁するプレミアムSUV製品群の「レンジローバー」シリーズ。その中にあって最もコンパクトなモデルが「レンジローバー イヴォーク」だ。東京から雪の群馬・嬬恋へのドライブを通し、そのボディーに凝縮されたレンジローバーの魅力に触れた。
  • スズキが「イグニス」を一部改良 SUVテイストを強めた新グレード追加 2020.2.4 自動車ニュース スズキがクロスオーバースタイルのコンパクトカー「イグニス」を一部改良。内外装デザインを変更したほか、装備の拡充を図った。また新グレードとして「ハイブリッドMF」を追加設定。専用デザインの前後バンパーなどでSUVテイストを強めたモデルとなっている。
ホームへ戻る