スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定

2016.11.17 自動車ニュース
「スズキ・バレーノXS」
「スズキ・バレーノXS」拡大

スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を追加設定し、販売を開始した。

前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。
前席にはシートヒーターが備わるほか、フルオートエアコンも装備する。拡大
本革巻きのステアリングホイールを採用している。
本革巻きのステアリングホイールを採用している。拡大

今回のバレーノXSは、1.2リッター直4自然吸気エンジン搭載の「XG」グレードをベースに、質感と機能の向上が図られた新グレード。エクステリアにはディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコンや助手席シートヒーターなどが採用されている。

これらを含む、XGから追加・変更された装備は以下の通り。

【エクステリア】

  • ディスチャージヘッドランプ(ハイ/ロービーム、マニュアルレベリング機構付き)
  • LEDポジションランプ
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • LEDサイドターンランプ付きドアミラー
  • 185/55R16タイヤ・16インチアルミホイール

【インテリア】

  • フルオートエアコン
  • 助手席シートヒーター
  • 本革巻きステアリングホイール/ステアリングオーディオスイッチ
  • フロントセンターアームレスト
  • センターコンソールトレー(リア)/センターコンソールボックス
  • マルチインフォメーションディスプレイ(カラー)

価格は154万4400円。

(webCG)
 

関連キーワード:
バレーノ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ バレーノ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMF(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.11 試乗記 軽自動車よりちょっと大きな5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして、2016年に登場した「スズキ・イグニス」。ニューモデルの登場で盛り上がりを見せるこの市場で、その商品力は「今なお健在」といえるのか? よりSUVテイストを強めた新グレードで確かめた。
  • スズキが「イグニス」を一部改良 SUVテイストを強めた新グレード追加 2020.2.4 自動車ニュース スズキがクロスオーバースタイルのコンパクトカー「イグニス」を一部改良。内外装デザインを変更したほか、装備の拡充を図った。また新グレードとして「ハイブリッドMF」を追加設定。専用デザインの前後バンパーなどでSUVテイストを強めたモデルとなっている。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • スズキがイグニスの関連モデルを海外初出展【北京ショー2016】 2016.4.25 自動車ニュース スズキは、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)に、コンパクトクロスオーバー「イグニス」をベースとした2台のコンセプトモデル「イグニス トレイルコンセプト」「イグニス ウォーターアクティビティーコンセプト」を出展した。
ホームへ戻る