「スズキ・バレーノ」のターボ車、指定燃料がレギュラーガソリンに

2018.05.16 自動車ニュース

スズキは2018年5月16日、コンパクトハッチバック「バレーノ」の1リッターターボエンジン搭載車の指定燃料をプレミアムガソリンからレギュラーガソリンへと変更し、販売を開始した。

バレーノは、スズキのインドにおける子会社であるマルチ・スズキ・インディアが生産し、日本では輸入車として販売されているグローバルモデルである。

指定燃料をレギュラーガソリンとしたことで、最高出力が111psから102psに、最大トルクが160Nmから150Nmに、JC08モード燃費が20.0km/リッターから19.6km/リッターにそれぞれ変更となっている。

なお、指定燃料の変更にあわせて、本革シートや助手席シートヒーターなどからなるセットオプションが標準装備化されており、価格は11万0160円アップの172万8000円となっている。

(webCG)

1リッターターボエンジンを搭載する「スズキ・バレーノXT」。
1リッターターボエンジンを搭載する「スズキ・バレーノXT」。拡大

関連キーワード:
バレーノ, スズキ, 自動車ニュース