スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売

2016.12.26 自動車ニュース
「スズキ・スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはブリスクブルーメタリック。
「スズキ・スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはブリスクブルーメタリック。拡大

スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。

「スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはクリスタルホワイトパール。
「スペーシア カスタムZ」。ボディーカラーはクリスタルホワイトパール。拡大
「スペーシア カスタムZ」のインストゥルメントパネルまわり。
「スペーシア カスタムZ」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「スペーシア カスタムZ」のインテリアは、ブラックを基調に、チタンシルバーのアクセントが施される。
「スペーシア カスタムZ」のインテリアは、ブラックを基調に、チタンシルバーのアクセントが施される。拡大

特徴はフロントマスクと上質な内装

今回新たに追加したスペーシア カスタムZは、迫力のあるフロントマスクと上質な内装を特徴とする。外装はエンジンフードの位置を高くしたほか、専用の大型メッキフロントグリルやフロントバンパーなどを装備することで、存在感のあるフロントマスクを形成した。また、インテリアではブラックを基調に随所にチタンシルバーの加飾を施して上質感を演出した。

加えて外装では、前述のフロントマスクのほか、LEDフロントフォグランプや、ブラックメッキバックドアガーニッシュなども採用した。ボディーカラーは、新色のブリスクブルーメタリックなど全7色が用意され、ブラック2トーンルーフ仕様を含めると全10パターンから選択できる。

内装は、防眩(ぼうげん)式ルームミラーが備わるほか、ターボモデルではチタンシルバーガーニッシュ付きの本革巻きステアリングホイールも装着される。

また、前後左右4カ所のカメラで車両周辺の映像を映し出す「全方位モニター付きメモリーナビゲーション」や、ステレオカメラ方式の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」などもオプションとして用意される。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • カスタムZ(FF):149万0400円/(4WD):161万1360円
  • カスタムZターボ(FF):159万8400円/(4WD):171万9360円

ブラックの内装色を標準化

一方、一部仕様の変更が施されたスペーシアシリーズは、標準のスペーシア全車でブラックの内装色が標準とされた。「スペーシアX」の、ボディーカラーがクリスタルホワイトパールか、ホワイト2トーンルーフ仕様を選択した場合は、内装色をベージュにすることもできる。また、ボディーカラーは新色のブリスクブルーメタリック、フェニックスレッドパール、アーバンブラウンパールメタリックを含めて全8色が設定され、ホワイト2トーンルーフ仕様を含めると全12パターンから選択できる。

また、「スペーシア カスタム」では、内装の樹脂色がブラックに統一されたほか、「XS」「XSターボ」にはバックアイカメラが標準装備となった。

価格は「G」(FF)の127万4400円から、カスタムXSターボ(4WD)の184万2480円まで。

(webCG)

関連キーワード:
スペーシア カスタム, スペーシア カスタムZ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ スペーシア カスタム の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム 2017.12.14 画像・写真 スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア/スペーシア カスタム」がフルモデルチェンジ。家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという新型の姿を写真で紹介する。
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 「ホンダN-BOX」追撃の切り札となるか?
    「スズキ・スペーシア ギア」の可能性を占う
    2019.1.14 デイリーコラム 発表と同時に、既存のモデルとは一味違うデザインで話題をさらった「スズキ・スペーシア ギア」。クロスオーバースタイルという、ありそうでなかった軽トールワゴンはスズキの切り札となるか? 過去のモデルとの比較を通し、その可能性について考えた。
ホームへ戻る