ボルボXC60にオーシャンレース開催記念限定車

2011.10.12 自動車ニュース

ボルボ、販売期間限定の特別仕様車「XC60 T5 オーシャンレースエディション」を発売

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年10月12日、クロスオーバーモデル「XC60」に特別仕様車「XC60 T5 オーシャンレースエディション」を設定し、2012年3月末までの期間限定で発売した。

今回「XC60」に設定されたのは、ボルボの主催する世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース 2011-2012」の開催を記念した特別仕様車だ。

2リッター直4ターボエンジンを搭載するエントリーグレード「T5 LE」をベースに、専用ボディーカラー「オーシャンブルーメタリックII」を採用。「VOR(ボルボ・オーシャンレース)」ロゴ入りエンブレムや、波の動きをイメージしたというスペシャルデザインの18インチアルミホイールも装着される。

インテリアは、クロスステッチを施したオフブラックの専用本革シートをはじめ、「VOR」ロゴ入りスカッププレート、専用フロアマット、「VOR」ロゴ入りラゲッジカバーなど、ヨットからインスパイアされたというアイテムが装備される。
また、ベース車ではオプション装備となるチルトアップ機構付き電動パノラマ・ガラスサンルーフも標準で備わる。

価格は、ベース車より50万円高い559万円。

(webCGワタナベ)

「ボルボXC60 T5 オーシャンレースエディション」
「ボルボXC60 T5 オーシャンレースエディション」 拡大
フロントフェンダー左右に備わる専用エンブレム。
フロントフェンダー左右に備わる専用エンブレム。 拡大
「VOR」ロゴ入りの専用ラゲッジカバー。
「VOR」ロゴ入りの専用ラゲッジカバー。 拡大
ボルボXC60にオーシャンレース開催記念限定車の画像 拡大

関連キーワード:
XC60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ XC60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • 「ボルボXC40」にプラグインハイブリッドモデル登場 ボルボSUVのパワーユニットがすべて新世代に移行 2020.8.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年8月25日、コンパクトSUV「XC40」にプラグインハイブリッドモデルを設定するとともに、XC40およびミドルサイズSUV「XC60」、フラッグシップSUV「XC90」のパワートレインラインナップを一新し、同日、販売を開始した。
  • ボルボXC40リチャージプラグインハイブリッドT5インスクリプション(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.28 試乗記 パワーユニットの電動化を推進するボルボが、コンパクトSUV「XC40」初となるPHVを2021年モデルとして導入。1.5リッター直3ターボ+電気モーターを搭載する「リチャージプラグインハイブリッド」の出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • ボルボXC60 B5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.30 試乗記 順次、全モデルをモーター付きにするというボルボの電動化戦略。その意欲的な計画を支える一台が、セールス好調のSUV「XC60」にも設定された。最新のマイルドハイブリッドシステムを搭載する「XC60 B5」、その走りやいかに?
ホームへ戻る