充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場

2017.02.03 自動車ニュース
「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」
「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」拡大

ポルシェ ジャパンは2017年2月2日、SUV「カイエン」に新グレード「Sプラチナエディション」を設定し、同年3月1日に予約受注を開始すると発表した。

 
充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場の画像拡大
 
充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場の画像拡大

特別な内外装の仕様も特徴

カイエンSプラチナエディションは、充実した装備や特別な内外装の仕様を特徴とした「カイエンS」の上級グレードである。

エクステリアでは21インチの「カイエンスポーツクラシックホイール」(サテンプラチナ仕上げ)が標準装備されるほか、ハイグロスブラックの装飾やボディーカラー同色塗装のホイールアーチエクステンション、ティンテッドプライバシーガラス(リア)、などが用いられている。

一方、インテリアについては「カイエンGTS」由来のアルカンターラ・シートセンター付き8-wayレザー仕上げスポーツシートや、「Platinum Edition」のロゴ入りフロントドアエントリーガードなどを採用。シートのヘッドレストは前後席ともに“ポルシェクレスト”入りで(リア中央席を除く)、また前席にはシートヒーターも装備している。

このほかにも、「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム」を組み込んだバイキセノンヘッドライトや「パワーステアリング・プラス」、パークアシスト(リバーシングカメラ付き)、オンラインナビゲーションを含む「ポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステム」、インターネットサービスの利用を可能にする「コネクト・プラス」モジュール、BOSEサラウンドサウンドシステムが標準装備となる。

ボディーカラーは「ブラック」「ホワイト」に、有償オプションのメタリック塗装「ジェットブラック」「マホガニー」「パープライト」「キャララホワイト」「ロジウムシルバー」を加えた全7色。右ハンドル車のみの設定で、価格は1217万円。

(webCG)
 

 

関連キーワード:
カイエン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • ボルボXC60 B6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)/V60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.23 試乗記 ボルボの中核を担う「60シリーズ」に、新エンジンを搭載した「XC60 B6 AWD R-DESIGN」と、「V60」初の「R-DESIGN」モデルとなる「V60 B5 R-DESIGN」が登場。ともに48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載した両モデルは、どのような走りを見せるのか?
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る