【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表

2017.02.17 自動車ニュース
「フェラーリ812スーパーファスト」
「フェラーリ812スーパーファスト」拡大

伊フェラーリは2017年2月16日、ジュネーブショー2017(開催期間:3月7日~3月19日)で「F12ベルリネッタ」の後継車に当たる新しいフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を世界初公開すると発表した。

 
【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2017】フェラーリ、812スーパーファストを発表の画像拡大

最高出力は800psへ

外装デザインはフェラーリ社内のスタイリングセンターが手掛けた。シルエットはF12ベルリネッタの進化形ともいえるもので、古くは「365GTB/4(デイトナ)」に通じるハイテールの2ボックススタイルをとる。

ボディーは空力性能の点でも進化を遂げており、フロント部にはアクティブフラップ、側面の後方にはダウンフォースを生み出すエアロダイナミックバイパスなどが設けられている。

フェラーリの70周年を記念した特別なボディーカラー「ロッソ・セッタンタ」(70周年レッドの意)に塗られてデビューする。

エンジンには6.5リッターV12自然吸気ユニットが用いられている。350バールの噴射圧を実現した直噴の燃料噴射システムや可変インテークシステムなどが採用され、800ps(588kW)/8000rpmの最高出力と、73.2kgm(718Nm)/7000rpmの最大トルクを誇る。3500rpmで最大トルクの80%以上を生み出す設定になっており、低回転域におけるドライバビリティー(運転のしやすさ)とピックアップの改善を狙った。

それらに加えて、フェラーリ初の電動アシスト式ステアリングを採用する。これを車両の挙動を電子制御するサイドスリップ・アングル・コントロール(SSC)の最新バージョン5.0と統合させて、より高いレベルの制御を目指した。また、後輪操舵機構のバーチャル・ショートホイールベース2.0システムを採用し、機敏なハンドリングを実現した。

同車の主要諸元は次のとおり。

全長×全幅×全高=4657×1971×1276mm/乾燥車重=1525kg(軽量オプション装着の場合)/重量配分=前47:後ろ53/エンジン=6.5リッター 65度V12(800ps/8000rpm、73.2kgm/7000rpm)/燃費=14.9リッター/100km(約6.7km/リッター、欧州複合サイクル)/最高速=340km/h以上/0-100km/h加速=2.9秒

(webCG)

→「フェラーリ812スーパーファスト」の詳しい写真はこちら。
→「ジュネーブショー2017」の記事一覧はこちら。
 

関連キーワード:
812スーパーファスト, フェラーリ, モーターショー, ジュネーブモーターショー2017, 自動車ニュース

フェラーリ 812スーパーファスト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(後編) 2020.12.31 谷口信輝の新車試乗 フェラーリの新型2+2クーペ「ローマ」の走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? 後編では、走行モードによる挙動の変化やV8ターボエンジンの特性などについてもリポートする。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
ホームへ戻る