「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場

2019.09.09 自動車ニュース
フェラーリ812GTS
フェラーリ812GTS拡大

伊フェラーリは2019年9月9日、オープントップの旗艦モデル「フェラーリ812GTS」を発表した。

 
「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場の画像拡大
 
「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場の画像拡大
 
「フェラーリ812スーパーファスト」のオープントップバージョン登場の画像拡大

今回発表された812GTSは、既存のフラッグシップ「812スーパーファスト」をベースに開発されたオープン2シーター。フロントに12気筒エンジンを積むフェラーリとしては、「550バルケッタ ピニンファリーナ」(2000年)や「スーパーアメリカ」(2005年)、「SAアペルタ」(2010年)、「F60アメリカ」(2014年)などの限定モデルを除いて久々のオープントップモデルで、さかのぼること50年、1969年に「デイトナ スパイダー」こと「365GTS4」がデビューして以来のこととなる。

ルーフ(リトラクタブルハードトップ)の開閉に要する時間はそれぞれ14秒。45km/h以下の車速であれば走行中でも開け閉めの操作は可能で、ルーフの開閉にともない電動のリアスクリーン(ウインドストッパー)も上下する。

812GTSのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4693×1971×1278mm。812スーパーファストと比べた場合、車幅はそのままに、36mm長く、2mm低いディメンションとなっている。デザインの面では、ルーフ以外にも、フラップを追加したリアディフューザーなどがクーペとの相違点として挙げられる。

エンジンの最高出力(800PS)と最大トルク(718N・m)はクーペと同じだが、車体の乾燥重量は、クーペ比で75kg増しの1600kg。その影響もあってか、340km/hの最高速は変わらないものの、0-100km/hの加速タイムはクーペ(2.9秒)よりも若干控えめな“3秒未満”と公表されている。

(webCG)

関連キーワード:
812スーパーファスト, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ 812スーパーファスト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ(後編) 2020.12.31 谷口信輝の新車試乗 フェラーリの新型2+2クーペ「ローマ」の走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? 後編では、走行モードによる挙動の変化やV8ターボエンジンの特性などについてもリポートする。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る