「ジャガーFペース」に充実した装備が魅力の限定車

2017.03.14 自動車ニュース
「ジャガーFペース アクティブエディションパッケージ」
「ジャガーFペース アクティブエディションパッケージ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年3月14日、「ジャガーFペース」に限定モデル「アクティブエディションパッケージ」を設定し、受注を開始した。

リストバンド型アクティビティキー
リストバンド型アクティビティキー拡大
「スポーツルーフボックス・パッケージ」
「スポーツルーフボックス・パッケージ」拡大
「サイクルキャリア・パッケージ」
「サイクルキャリア・パッケージ」拡大
「ウォータースポーツキャリア・パッケージ」
「ウォータースポーツキャリア・パッケージ」拡大

今回の特別仕様車は、2リッター直4ディーゼルエンジンを搭載した「プレステージ」(2017年モデル)をベースに、装備を充実させた販売台数36台の限定モデルである。

主な特別装備は以下の通り。

  • スライド式パノラミックルーフ
  • 20インチ Blade 5スポーク アロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)
  • リストバンド型アクティビティキー(ウエアラブル技術を活用したウオータープルーフおよび耐衝撃仕様。テールゲートの「Jaguar」のロゴマークにキーを近づけるだけで、車両の施錠/開錠が可能)
  • 電動テールゲート
  • ステアリングホイールヒーター
  • プライバシーガラス
  • LEDヘッドランプ(コーナリングランプ付き)およびオートマチックハイビーム
  • レーンキープアシストおよびドライバーコンディションモニター

上述の装備に加え、以下の3種類のルーフアクセサリーの中からひとつを選択できる。

【スポーツルーフボックス・パッケージ】
容量320リットルのロック機構付きルーフボックスと、グロスブラックのルーフレールおよびルーフクロスバーからなる。

【サイクルキャリア・パッケージ】
ロック機構付きのルーフマウントサイクルキャリア(3台分)と、グロスブラックのルーフレール、ルーフクロスバーからなる。

【ウォータースポーツキャリア・パッケージ】
サーフボードやカヤック、セールボードなどを運搬できるウオータースポーツキャリアと、グロスブラックのルーフレールおよびルーフクロスバーからなる。

ボディーカラーは「グレイシャーホワイト」「アンモナイトグレー」「ダークサファイア」の3色で、それぞれ12台が用意される。

価格は767万6000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.9.23 試乗記 大ヒットモデル「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」が2代目に進化した。今回、連れ出したのはコンパクトなハイブリッド機構を備えたガソリンモデルのトップグレード「R-DYNAMIC HSE P300 MHEV」。初代からの進化のほどと電動化されたパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • “アルヴェル”より大きなピープルムーバー「トヨタ・グランエース」登場【東京モーターショー2019】 2019.10.8 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年10月8日、新型フルサイズワゴン「グランエース」を発表した。同モデルは東京モーターショー2019(開催期間:2019年10月23日~11月4日)のトヨタ車体ブースにおいて展示され、年内にも発売される見込み。
  • アウディRS 5スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.7 試乗記 伸びやかな5ドアのボディーに、パワフルな2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 5スポーツバック」。最高出力450PS、最大トルク600N・mのアウトプットを自慢の「クワトロ」フルタイム4WDで御す、その走りを試した。
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
ホームへ戻る