「ジャガーFペース」に充実した装備が魅力の限定車

2017.03.14 自動車ニュース
「ジャガーFペース アクティブエディションパッケージ」
「ジャガーFペース アクティブエディションパッケージ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年3月14日、「ジャガーFペース」に限定モデル「アクティブエディションパッケージ」を設定し、受注を開始した。

リストバンド型アクティビティキー
リストバンド型アクティビティキー拡大
「スポーツルーフボックス・パッケージ」
「スポーツルーフボックス・パッケージ」拡大
「サイクルキャリア・パッケージ」
「サイクルキャリア・パッケージ」拡大
「ウォータースポーツキャリア・パッケージ」
「ウォータースポーツキャリア・パッケージ」拡大

今回の特別仕様車は、2リッター直4ディーゼルエンジンを搭載した「プレステージ」(2017年モデル)をベースに、装備を充実させた販売台数36台の限定モデルである。

主な特別装備は以下の通り。

  • スライド式パノラミックルーフ
  • 20インチ Blade 5スポーク アロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)
  • リストバンド型アクティビティキー(ウエアラブル技術を活用したウオータープルーフおよび耐衝撃仕様。テールゲートの「Jaguar」のロゴマークにキーを近づけるだけで、車両の施錠/開錠が可能)
  • 電動テールゲート
  • ステアリングホイールヒーター
  • プライバシーガラス
  • LEDヘッドランプ(コーナリングランプ付き)およびオートマチックハイビーム
  • レーンキープアシストおよびドライバーコンディションモニター

上述の装備に加え、以下の3種類のルーフアクセサリーの中からひとつを選択できる。

【スポーツルーフボックス・パッケージ】
容量320リットルのロック機構付きルーフボックスと、グロスブラックのルーフレールおよびルーフクロスバーからなる。

【サイクルキャリア・パッケージ】
ロック機構付きのルーフマウントサイクルキャリア(3台分)と、グロスブラックのルーフレール、ルーフクロスバーからなる。

【ウォータースポーツキャリア・パッケージ】
サーフボードやカヤック、セールボードなどを運搬できるウオータースポーツキャリアと、グロスブラックのルーフレールおよびルーフクロスバーからなる。

ボディーカラーは「グレイシャーホワイト」「アンモナイトグレー」「ダークサファイア」の3色で、それぞれ12台が用意される。

価格は767万6000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(ジャガー/ランドローバー) 2018.4.13 画像・写真 ジャガー・ランドローバーはニューヨークショー2018でハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を初公開した。電気自動車の「Iペース」や2ドアの「レンジローバー」、ウェイモと連携した自動運転開発車両などとともに、写真で紹介する。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
ホームへ戻る