「ジャガーFペース」に充実した装備が魅力の限定車

2017.03.14 自動車ニュース
「ジャガーFペース アクティブエディションパッケージ」
「ジャガーFペース アクティブエディションパッケージ」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年3月14日、「ジャガーFペース」に限定モデル「アクティブエディションパッケージ」を設定し、受注を開始した。

リストバンド型アクティビティキー
リストバンド型アクティビティキー拡大
「スポーツルーフボックス・パッケージ」
「スポーツルーフボックス・パッケージ」拡大
「サイクルキャリア・パッケージ」
「サイクルキャリア・パッケージ」拡大
「ウォータースポーツキャリア・パッケージ」
「ウォータースポーツキャリア・パッケージ」拡大

今回の特別仕様車は、2リッター直4ディーゼルエンジンを搭載した「プレステージ」(2017年モデル)をベースに、装備を充実させた販売台数36台の限定モデルである。

主な特別装備は以下の通り。

  • スライド式パノラミックルーフ
  • 20インチ Blade 5スポーク アロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)
  • リストバンド型アクティビティキー(ウエアラブル技術を活用したウオータープルーフおよび耐衝撃仕様。テールゲートの「Jaguar」のロゴマークにキーを近づけるだけで、車両の施錠/開錠が可能)
  • 電動テールゲート
  • ステアリングホイールヒーター
  • プライバシーガラス
  • LEDヘッドランプ(コーナリングランプ付き)およびオートマチックハイビーム
  • レーンキープアシストおよびドライバーコンディションモニター

上述の装備に加え、以下の3種類のルーフアクセサリーの中からひとつを選択できる。

【スポーツルーフボックス・パッケージ】
容量320リットルのロック機構付きルーフボックスと、グロスブラックのルーフレールおよびルーフクロスバーからなる。

【サイクルキャリア・パッケージ】
ロック機構付きのルーフマウントサイクルキャリア(3台分)と、グロスブラックのルーフレール、ルーフクロスバーからなる。

【ウォータースポーツキャリア・パッケージ】
サーフボードやカヤック、セールボードなどを運搬できるウオータースポーツキャリアと、グロスブラックのルーフレールおよびルーフクロスバーからなる。

ボディーカラーは「グレイシャーホワイト」「アンモナイトグレー」「ダークサファイア」の3色で、それぞれ12台が用意される。

価格は767万6000円。

(webCG)
 

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(ジャガー/ランドローバー) 2018.4.13 画像・写真 ジャガー・ランドローバーはニューヨークショー2018でハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を初公開した。電気自動車の「Iペース」や2ドアの「レンジローバー」、ウェイモと連携した自動運転開発車両などとともに、写真で紹介する。
  • 「ジャガーXJ」の2019年モデル登場 2018.9.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年9月21日、「ジャガーXJ」の2019年モデルを発表し、同日、受注を開始した。全車に自動緊急ブレーキを標準装備としたほか、XJの誕生50周年を記念したグレードと特別仕様車を設定した。
  • トヨタ・センチュリー(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.18 試乗記 要人御用達の国産ショーファードリブンカー「トヨタ・センチュリー」が、20年ぶりにフルモデルチェンジ。「継承と進化」をテーマに開発された新型は、ほかのサルーンでは味わえない独自の高級車像を築き上げていた。
  • 三菱、ピックアップトラック「トライトン」の新型発表を予告
    2018.10.15 自動車ニュース 三菱自動車は2018年10月15日、1tピックアップトラックの新型「トライトン」および「L200」を、同年11月9日に初公開すると発表した。初代モデル以来の開発思想「Engineered Beyond Tough」に基づき、真のタフさを追求したという。
  • マツダ・アテンザワゴン25S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2018.10.9 試乗記 2012年のデビュー以来、4度目のマイナーチェンジを行った「アテンザ」は、マツダのフラッグシップモデルとして“走るよろこび”をより追求したという。地道に改良を重ね進化を続けるという手法は、欧州ブランドでは当たり前のように聞くが、日本車では珍しいともいえる。その仕上がりは?
ホームへ戻る