新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始

2017.04.05 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリー ファーストエディション」
「ランドローバー・ディスカバリー ファーストエディション」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年4月5日、「ランドローバー・ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー ファーストエディション」の受注を開始した。同年4月17日まで注文を受け付けた後、抽選により30台限定で販売する。

 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始の画像拡大
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始の画像拡大
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始の画像拡大
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始の画像拡大
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始の画像拡大
 
新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始の画像拡大

ガソリン車とディーゼル車をラインナップ

今回のディスカバリー ファーストエディションは、5代目となる新型「ランドローバー・ディスカバリー」の誕生を記念した特別仕様車。世界限定2400台のうち、30台が日本市場で販売される。

特徴となるのは、21インチアロイホイールや「FIRST EDITION」ロゴ入りのエッチングバッジ、歴代のディスカバリーが歩んできた軌跡を地図で表現したカルトグラフィーフィニッシャーなど。ボディーカラーは、ナミブオレンジ、シリコンシルバー、ファラロンブラックの3色が用意される。

主な特別装備は、以下の通り。

【エクステリア】

  • プレミアムメタリックペイント
  • ボディーと同色のドアハンドル
  • ブラックコントラストルーフ(ボディーカラーがナミブオレンジの場合)
  • 電動パノラミックルーフ(チルト/スライド機能付きフロントガラス)と固定式パノラミックリアガラス(電動ブラインド付き)
  • Bピラー部の「FIRST EDITION」バッジ
  • LEDヘッドランプ(LEDシグネチャー付き)およびシグネチャーハイラインテールランプ
  • オートマチックヘッドランプ(オートハイビームアシスト付き)
  • 21インチスタイル1012アロイホイール

【インテリア】

  • 3列目シート(インテリジェントシートフォールド機能搭載)
  • センターコンソールの「FIRST EDITION」エッチングバッジ
  • カルトグラフィーフィニッシャー

パワーユニットは、スーパーチャージャー付きの3リッターV6ガソリン(最高出力340ps、最大トルク450Nm)と、3リッターV6ディーゼルターボ(同258ps、同600Nm)の2種類。ボディーカラー別に、以下の価格で販売される。

【ガソリンエンジン車】

  • ナミブオレンジ:1031万7000円
  • シリコンシルバー:1045万7000円
  • ファラロンブラック:1045万7000円

【ディーゼルエンジン車】

  • ナミブオレンジ:1051万7000円
  • シリコンシルバー:1044万7000円
  • ファラロンブラック:1044万7000円

ディスカバリー ファーストエディションの納車時期は、同年の7月になる見込み。

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ【海外試乗記】 2019.7.3 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、メルセデスの中核SUV「GLC/GLCクーペ」にマイナーチェンジが施された。しかし“単なるマイチェン”と思うなかれ。ドイツ国内でステアリングを握った筆者は、その変わりっぷりに驚かされたのだった。
ホームへ戻る