【ニューヨークショー2017】アウトドアを楽しむためのコンセプトカー「トヨタFT-4X」登場

2017.04.13 自動車ニュース
「トヨタFT-4X」
「トヨタFT-4X」拡大

トヨタ自動車は2017年4月12日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12日~23日)において、コンセプトカー「トヨタFT-4X」を世界初公開した。

「FT-4X」のリアビュー。
「FT-4X」のリアビュー。拡大
インテリアには、オレンジの差し色がふんだんに使われる。
インテリアには、オレンジの差し色がふんだんに使われる。拡大
寝袋としても使えるアームレスト。ルームランプやカーオーディオなど、多くの装備が車外に持ち出せるようになっている。
寝袋としても使えるアームレスト。ルームランプやカーオーディオなど、多くの装備が車外に持ち出せるようになっている。拡大
バックドアは、スイッチの切り替えにより、観音開き(写真)にもなれば、上方への跳ね上げも可能になる。
バックドアは、スイッチの切り替えにより、観音開き(写真)にもなれば、上方への跳ね上げも可能になる。拡大
荷室のフロアボードは、手前に引き出して、簡易ベンチとして使うこともできる。
荷室のフロアボードは、手前に引き出して、簡易ベンチとして使うこともできる。拡大

FT-4Xは、アウトドアシーンを中心にクルマの新しいあり方を提案する、小型SUVをベースとしたデザインコンセプト。米国のデザイン拠点Calty Design Research, Inc.が手がけたもので、「手軽さ」や「カジュアルさ」を好み、思い立ったらすぐにアウトドアに出掛ける、米国における都市部在住の「ミレニアル世代」(30代半ばまでの若者世代)をターゲットに企画された。

デザインテーマは「Rugged Charm(頑丈で魅力的)」。エクステリアは“X”をモチーフにした特徴的なスタイリングとしつつ、水平基調のグリルなどトヨタの伝統的なSUVデザインも踏襲した。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4249×1821×1623mm、ホイールベースは2639mm(inch単位の公表値をmm換算)となっている。

基本的なメカニズムについては、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)の新世代プラットフォームを採用。駆動方式は4WDで、走る楽しさやタフユースでの可能性を提供するとアピールされる。

インテリアは、取り外して車外でも使えるオーディオやルームランプ、飲料用ボトルにもなるドアハンドル、普段はアームレストとして機能する「センターコンソール収納型の寝袋」など、アウトドアシーンで役立つ装備が特徴。いつ、いかなる場所からでもアウトドアに出掛けて、活躍できるクルマを目指したという。

スタジオチーフデザイナーのイアン・カルタビアーノ氏は「デジタルなインターフェイスが多用される現代でも、メカニカルなデザインや機能の満足感は重要だと考えており、トヨタFT-4Xのデザインや装備の多くは、その考えをもとに企画した」とコメントしている。

(webCG)

→「トヨタFT-4X」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
トヨタ, モーターショー, ニューヨークモーターショー2017, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事