安全装備が充実した特別な「ジャガーFペース」発売

2017.06.01 自動車ニュース
「ジャガーFペース トロフィーエディション」。写真のボディーカラーは「ポラリスホワイト」。
「ジャガーFペース トロフィーエディション」。写真のボディーカラーは「ポラリスホワイト」。拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月1日、SUV「ジャガーFペース」に特別仕様車「TROPHY EDITION(トロフィーエディション)」を設定。66台限定で受注を開始した。価格は683万円。

「エボニーブラック」のモデル(限定28台)。
「エボニーブラック」のモデル(限定28台)。拡大
こちらは「ブリティッシュレーシンググリーン」の「Fペース トロフィーエディション」。限定10台で販売される。
こちらは「ブリティッシュレーシンググリーン」の「Fペース トロフィーエディション」。限定10台で販売される。拡大

ジャガーFペースはこれまでに、ワールドカーオブザイヤー2017やワールドカーデザインオブザイヤー2017をはじめとする、34の自動車賞を受賞している。

今回のトロフィーエディションは、こうした数々の受賞を記念して設定された限定車で、2リッターディーゼルターボを搭載する「プレステージ」グレードをベースに、アダプティブクルーズコントロールやパークアシスト、360度パークディスタンスコントロール、プライバシーガラスが与えられている。

価格はベースモデルより20万円高の683万円。ボディーカラーはポラリスホワイト(限定28台)、エボニーブラック(同28台)、ブリティッシュレーシンググリーン(同10台)の全3色が用意される。

(webCG)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペース35t Rスポーツ/Fペース20d プレステージ【試乗記】 2016.8.1 試乗記 ジャガー初のSUV「Fペース」に試乗。「ポルシェ・マカン」や「BMW X4」に真っ向から勝負を挑む新種のスポーツカーは、どのような走りを見せるのか。ガソリン車とディーゼル車の2車種について、その仕上がりを報告する。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【F-PACE×安東弘樹】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> “低くてスポーティー”を身上としてきたジャガーが、初めて世に問うた背の高いクルマ「F-PACE」。ジャガーが手がけるとSUVにはどんな魅力が宿るのか? あまたのクルマを乗り継いできたフリーアナウンサー安東弘樹が、一目ぼれで手に入れた「F-PACE」の思い出を語る。
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
ホームへ戻る