マセラティ、F1での活躍をしのぶ限定モデル「ギブリ スカテナート」を発売

2017.06.06 自動車ニュース
「マセラティ・ギブリ スカテナート」
「マセラティ・ギブリ スカテナート」拡大

マセラティ ジャパンは2017年6月6日、4ドアセダン「ギブリ」に特別仕様車「スカテナート」を設定し、注文の受け付けを開始した。

 
マセラティ、F1での活躍をしのぶ限定モデル「ギブリ スカテナート」を発売の画像拡大
 
マセラティ、F1での活躍をしのぶ限定モデル「ギブリ スカテナート」を発売の画像拡大
 
マセラティ、F1での活躍をしのぶ限定モデル「ギブリ スカテナート」を発売の画像拡大
 
マセラティ、F1での活躍をしのぶ限定モデル「ギブリ スカテナート」を発売の画像拡大
 
マセラティ、F1での活躍をしのぶ限定モデル「ギブリ スカテナート」を発売の画像拡大

ギブリ スカテナートは、マセラティが1957年にF1でワールドチャンピオンを獲得(※)してから、今年で60周年を迎えたことを記念した特別仕様車である。車名のスカテナートとは、イタリア語で「解き放たれた」という意味。販売台数は60台限定となっている。

ベースとなるのは、最高出力350psを発生するガソリンエンジン搭載グレード「ギブリ」で、内外装に用いられたさまざまな専用装備を特徴としている。特にタイヤについては、F1用タイヤ由来のラベル技術を用いた「ピレリPゼロ カラーエディション」を採用。またインテリアには、同車が限定モデルであることを示すデディケーションプレートを装着している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • ピレリスペシャルタイヤ(カラーエディション)
  • デディケーションプレート
  • マイカペイント
  • 20 インチ ウラーノ ホイール
  • レッドペイントキャリパー
  • シフトパドル
  • スポーツシート
  • ピアノブラックインテリアトリム
  • ツーリングパッケージ

カラーバリエーションは、外装色が「ネロ リベーレ」、内装色が「ネロ」の組み合わせのみ。価格は950万円で、デリバリー開始は2017年7月の予定となっている。

(webCG)

※当時マセラティに所属していたレーシングドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオによるドライバーズタイトル獲得を指す。
 

関連キーワード:
ギブリ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
  • マセラティ・ギブリS Q4(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.31 試乗記 往年の車名を冠する、マセラティの新たな4ドアサルーン「ギブリ」に試乗。その走りを、四輪駆動の上級モデル「ギブリS Q4」でチェックした。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
ホームへ戻る