「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場

2017.06.30 自動車ニュース
「ジープ・ラングラーJK」
「ジープ・ラングラーJK」拡大

FCAジャパンは2017年6月29日、「ジープ・ラングラー」の特別仕様車「JK」を、同年7月8日より100台限定で販売すると発表した。

ブルー系の「チーフ」がボディーカラーに用いられた「ラングラーJK」。
ブルー系の「チーフ」がボディーカラーに用いられた「ラングラーJK」。拡大
カーキ色の「ゴビ」は80台が販売される。
カーキ色の「ゴビ」は80台が販売される。拡大
 
「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、4ドアモデル「ラングラー アンリミテッド」の上級グレード「サハラ」をベースに、ホワイトのハードトップをはじめとした専用装備で内外装をドレスアップした限定モデルである。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームに由来している。

特別装備の内容は、以下の通り。

  • ホワイトハードトップ
  • フードパワードーム
  • WRANGLER JKバッジ
  • シルバーJeepバッジ
  • WRANGLERフードデカール
  • ブラックカラーフューエルフィラードア
  • ホワイトハードスペアタイヤカバー
  • 18インチシルバーメタリックホイール
  • ブラックレザーシート(フロントシートヒーター付き)
  • ディーゼルグレイステッチ入りインテリア
  • シルバーアクセント入りステアリングホイール
  • WRANGLER JKバッジ付きアシストハンドル
  • ユタ州モアブの座標入りスポーツバーカバー

ボディーカラーは「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色で、販売台数は前者が20台、後者が80台となっている。

価格は427万6800円。

(webCG)

 

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.27 試乗記 およそ70年の歴史を持つ、本格クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。雪道を行く最強グレード「ルビコン」の走りは、ほかのクルマでは得がたい機能性を感じさせるものだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • パワーユニットを刷新した「フィアット500X」が日本デビュー 2019.5.10 自動車ニュース FCAジャパンは2019年5月10日、東京・港区の複合施設「TABLOID」においてコンパクトカー「フィアット500X」のマイナーチェンジモデルを発表した。パワーユニットを刷新し内外装デザインを変更したほか、アップデートされたインフォテインメントシステムを採用している。
ホームへ戻る