「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場

2017.06.30 自動車ニュース
「ジープ・ラングラーJK」
「ジープ・ラングラーJK」拡大

FCAジャパンは2017年6月29日、「ジープ・ラングラー」の特別仕様車「JK」を、同年7月8日より100台限定で販売すると発表した。

ブルー系の「チーフ」がボディーカラーに用いられた「ラングラーJK」。
ブルー系の「チーフ」がボディーカラーに用いられた「ラングラーJK」。拡大
カーキ色の「ゴビ」は80台が販売される。
カーキ色の「ゴビ」は80台が販売される。拡大
 
「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、4ドアモデル「ラングラー アンリミテッド」の上級グレード「サハラ」をベースに、ホワイトのハードトップをはじめとした専用装備で内外装をドレスアップした限定モデルである。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームに由来している。

特別装備の内容は、以下の通り。

  • ホワイトハードトップ
  • フードパワードーム
  • WRANGLER JKバッジ
  • シルバーJeepバッジ
  • WRANGLERフードデカール
  • ブラックカラーフューエルフィラードア
  • ホワイトハードスペアタイヤカバー
  • 18インチシルバーメタリックホイール
  • ブラックレザーシート(フロントシートヒーター付き)
  • ディーゼルグレイステッチ入りインテリア
  • シルバーアクセント入りステアリングホイール
  • WRANGLER JKバッジ付きアシストハンドル
  • ユタ州モアブの座標入りスポーツバーカバー

ボディーカラーは「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色で、販売台数は前者が20台、後者が80台となっている。

価格は427万6800円。

(webCG)

 

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ポルシェ911カレラ/911カレラ カブリオレ/911カレラ4【海外試乗記】 2019.10.3 試乗記 「GTS」や「GT3」などの“役物”もいずれラインナップされるのだろうけれど、「ポルシェ911」といえば、まずは素の「カレラ」に乗らなければ始まらない。ドイツ・フランクフルトからの第一報をお届けする。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る