「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場

2017.06.30 自動車ニュース
「ジープ・ラングラーJK」
「ジープ・ラングラーJK」拡大

FCAジャパンは2017年6月29日、「ジープ・ラングラー」の特別仕様車「JK」を、同年7月8日より100台限定で販売すると発表した。

ブルー系の「チーフ」がボディーカラーに用いられた「ラングラーJK」。
ブルー系の「チーフ」がボディーカラーに用いられた「ラングラーJK」。拡大
カーキ色の「ゴビ」は80台が販売される。
カーキ色の「ゴビ」は80台が販売される。拡大
 
「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、4ドアモデル「ラングラー アンリミテッド」の上級グレード「サハラ」をベースに、ホワイトのハードトップをはじめとした専用装備で内外装をドレスアップした限定モデルである。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームに由来している。

特別装備の内容は、以下の通り。

  • ホワイトハードトップ
  • フードパワードーム
  • WRANGLER JKバッジ
  • シルバーJeepバッジ
  • WRANGLERフードデカール
  • ブラックカラーフューエルフィラードア
  • ホワイトハードスペアタイヤカバー
  • 18インチシルバーメタリックホイール
  • ブラックレザーシート(フロントシートヒーター付き)
  • ディーゼルグレイステッチ入りインテリア
  • シルバーアクセント入りステアリングホイール
  • WRANGLER JKバッジ付きアシストハンドル
  • ユタ州モアブの座標入りスポーツバーカバー

ボディーカラーは「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色で、販売台数は前者が20台、後者が80台となっている。

価格は427万6800円。

(webCG)

 

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン/ラングラー ルビコン【試乗記】 2020.7.27 試乗記 往年の「ウィリスMB」の面影を色濃く残す、ジープブランドの精神的支柱といえば「ラングラー」。そのラインナップの中でも、さらに悪路走破性能を追求したモデルが「ルビコン」だ。まさに“現行ジープ最強”といえるその実力を、本領たるオフロードで試した。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る