世界限定30台、「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に特別仕様車登場

2017.07.25 自動車ニュース
「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル ガレーヌエディション」
「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル ガレーヌエディション」拡大

英ベントレー モーターズは2017年7月24日(現地時間)、「コンチネンタルGTコンバーチブル」の特別仕様車「Galene Edition(ガレーヌエディション)」を発表した。全世界で30台の限定モデルとなる。

 
世界限定30台、「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に特別仕様車登場の画像拡大
 
世界限定30台、「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に特別仕様車登場の画像拡大
 
世界限定30台、「ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル」に特別仕様車登場の画像拡大

今回のガレーヌエディションは、ベントレーのオーダーメイド部門であるマリナーが手がけたモデル。ラグジュアリーヨットのデザインからインスピレーションを得たとされ、開発にあたっては英国のヨットメーカーであるプリンセス・ヨットの協力を得ている。モデル名のガレーヌは、ギリシャ神話に登場する、穏やかな海の女神からとられている。

エクステリアデザインは、透明な水が持つ虹色の輝きをイメージしたもので、ボディーカラーには「グレイシャーホワイト」を採用。ボディー下部には「シークインブルー」のアクセントが施される。さらにダークブルーのフードや、プロペラデザインの21インチホイールを装備する。

インテリアについては、シートやドアの内張り、ステアリングホイールなどをリネンやポートランド、ブリュネルなどのカラーを組み合わせたレザーで構成。シートのステッチやステアリングの12時の位置に備わるマーキング、センターコンソールのトリムにはキャメルが用いられている。さらにダッシュボードの助手席側を、イラストレーターであるジョーム・ヴィラーデル氏直筆のヨットのイラストで飾ることもできる。

また、ガレーヌエディションの開発にあたり、マリナーではピンストライプ柄のウオールナットパネルを新たに作成。センタースタックとコンソールに使用されるほか、ラゲッジルームにも敷き詰められている。

価格や、日本市場への導入予定などはアナウンスされていない。

(webCG)

関連キーワード:
コンチネンタルGTコンバーチブル, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル 2018.11.27 画像・写真 英ベントレーは2018年11月26日(現地時間)、新型「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表した。先代と同様にファブリック製のルーフを採用した、ラグジュアリーオープンモデルを写真で紹介する。
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ベントレー・コンチネンタルGT 2018.3.5 画像・写真 英国の高性能グランドツアラー「ベントレー・コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジ。従来モデルよりさらなるパフォーマンス向上を果たすとともに、「ベントレーダイナミックライド」によって快適な乗り心地も実現している。3代目となる新型を写真で紹介する。
  • アウディRS Q8(前編) 2021.7.8 谷口信輝の新車試乗 「アウディQ8」の高性能バージョン「RS Q8」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。見た目もたくましいクーペSUVのコックピットにおさまったプロは、その操作系や乗り心地から印象を語り始めた。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る