ダイハツ、小型車のコンセプトカー2台を発表

2017.08.14 自動車ニュース
「ダイハツDN MULTISIX」
「ダイハツDN MULTISIX」拡大

ダイハツ工業のインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーターは2017年8月10日、同月20日までジャカルタで開催される「ガイキンド インドネシア国際オートショー2017」において、コンセプトカー「DN MULTISIX(マルチシックス)」「DN F-SEDAN(エフセダン)」を世界初公開した。

「ダイハツDN F-SEDAN」
「ダイハツDN F-SEDAN」拡大

今回出展されたDN MULTISIXとDN F-SEDANは、いずれも現地の自動車事情に即した小型車のコンセプトカーである、前者はダイハツのコンパクトカー技術を生かした FF ベースの MPVであり、ウォークスルー可能な広い室内空間と、スタイリッシュな外観を両立しているという。

一方のDN F-SEDANは、アジア市場の嗜好(しこう)にマッチしたスポーティーかつスタイリッシュなテイストを備えたコンパクトセダンとされている。

ダイハツではこのほかにも、第35回東京オートサロンに出展した「ムーヴ キャンバス Sporza(スポルザ)」や「トール Grand Custom(グランドカスタム)」、現地販売モデルの「シグラ」「セニア」「テリオス」「シリオン」「ルクシオ」「アイラ」「ハイマックス」を展示している。

(webCG)
 

関連キーワード:
ダイハツ, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事