「レンジローバー イヴォーク」に黒いボディーカラーの特別仕様車

2017.08.29 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク アドバンテージエディション」
「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク アドバンテージエディション」拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年8月29日、「レンジローバー イヴォーク」に特別仕様車「アドバンテージエディション」を設定し、受注を開始した。

 
「レンジローバー イヴォーク」に黒いボディーカラーの特別仕様車の画像拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」に黒いボディーカラーの特別仕様車の画像拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」に黒いボディーカラーの特別仕様車の画像拡大
 
「レンジローバー イヴォーク」に黒いボディーカラーの特別仕様車の画像拡大

今回の特別仕様車は、2017年モデルの「レンジローバー イヴォークSEプラス」をベースに、レーンキープアシストやドライバーコンディションモニター、自動緊急ブレーキ、駐車支援機能などの運転支援システムを搭載したものである。

内外装にも手を加えており、外観については「サントリーニブラック」のボディーカラーとシルバーフィニッシュの「18インチ スタイル706 アロイホイール」の組み合わせにより、コントラストの強いデザインとしている。一方インテリアには「エボニー」のレザーシートとヘッドライニングを採用している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • 18インチ スタイル706 アロイホイール(7スポーク、シルバーフィニッシュ)
  • エボニーで統一させたインテリア(エボニー・パーフォレイテドグレインレザーシート+エボニー・ヘッドライニング)
  • 12ウェイパワーフロントシート(メモリー付き)
  • アドバンスドドライバーアシスタンス・パック(レーンデパーチャーワーニング、レーンキープアシスト、自動緊急ブレーキ、ドライバーコンディションモニター、アドバンスドパークアシスト、360°パーキングエイド)

販売台数は89台の限定。価格は629万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
レンジローバー イヴォーク, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディフェンダー」が日本上陸 2019.10.31 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月31日、同年11月3日~5日まで新型「ランドローバー・ディフェンダー」を一般展示するイベント「ランドローバー ニュー ディフェンダー ポップアップ」を東京都渋谷区の代官山T-SITEで開催すると発表した。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • ベントレー・フライングスパー(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.11.1 試乗記 ベントレーの4ドアサルーン「フライングスパー」がフルモデルチェンジ。豪華なグランドツアラーでありながら“スポーツセダン”を名乗る新型は、そのうたい文句では伝え切れないほどの楽しさを味わわせてくれた。
  • 現行型「ジャガーXJ」に最後の特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」登場 2019.10.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年10月21日、ジャガーブランドのフラッグシップサルーン「XJ」に特別仕様車「“V8”ファイナルエディション」を設定し、20台の台数限定で注文受付を開始した。
ホームへ戻る