【フランクフルトショー2017】究極の走破性を持つ「ランドローバー・ディスカバリーSVX」登場

2017.09.15 自動車ニュース
「ランドローバー・ディスカバリーSVX」
「ランドローバー・ディスカバリーSVX」拡大

英ジャガー・ランドローバーは2017年9月12日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショーにおいて、「ランドローバー・ディスカバリーSVX」を世界初公開した。

 
【フランクフルトショー2017】究極の走破性を持つ「ランドローバー・ディスカバリーSVX」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】究極の走破性を持つ「ランドローバー・ディスカバリーSVX」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】究極の走破性を持つ「ランドローバー・ディスカバリーSVX」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】究極の走破性を持つ「ランドローバー・ディスカバリーSVX」登場の画像拡大
 
【フランクフルトショー2017】究極の走破性を持つ「ランドローバー・ディスカバリーSVX」登場の画像拡大

525psの5リッターV8を搭載

ディスカバリーSVXは、ディスカバリーファミリーの頂点に位置づけられる高性能SUV。特別車両企画製作部門「スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)」の手になるニューモデルで、既存の「レンジローバー スポーツSVR」「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」とともに、SVOの3つの柱を担うとされる。

パワーユニットは、スーパーチャージャーで過給される5リッターV8ガソリンエンジン。最高出力525ps、最大トルク625Nmを発生する。

ディスカバリーシリーズとして初めて、油圧式アクティブロールコントロール(H-ARC)が採用されており、ホイールアーティキュレーションとボディーコントロールが向上。さらに、オフロード走行時のトラクションが高められ、オンロードにおいても安定した走りを実現するとうたわれる。

また、特別に調整されたアクティブセンターディファレンシャルと電子リアロッキングディファレンシャルも備わっており、「テレインレスポンス2オート」と連動することで、あらゆる路面で最適なトラクションを発揮するという。

ディスカバリーSVXでは、軽量アルミニウムのモノコックボディーと4コーナーエアサスペンションシステムも強化されている。さらに、ロングトラベルダンパーと改良ナックル、アルミニウム合金のアロイホイール、275/55R20サイズの「グッドイヤー・ラングラー」タイヤも装備。アプローチアングルやデパーチャーアングル、ブレークオーバーアングルが拡大されている。

オフロード走行時でも最適なギア選択ができるよう、ダイヤル式のシフトセレクターに代えてレバータイプのシフトノブが採用されているのも、ノーマルのディスカバリーとの相違点である。

ボディーカラーは、専用色のテクトニックグレイ。一方インテリアは、ルナとライトオイスターを組み合わせた上で、ラッシュオレンジのアクセントが添えられる。ナルヴィクブラックのV8バッジ付きサイドベント、ナルヴィクブラックダイナミックグリル、シルバールーフレールなども特徴となっている。

ディスカバリーSVXの生産が始まるのは2018年。英国にあるSVOテクニカルセンターの、熟練工の手作業で作られる。

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー, ディスカバリー4, ランドローバー, フランクフルトモーターショー2017, モーターショー, 自動車ニュース

ランドローバー ディスカバリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークR-DYNAMIC HSE P300 MHEV【試乗記】 2019.7.11 試乗記 ランドローバーのプレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の2代目が日本上陸を果たした。新しいプラットフォームとマイルドハイブリッドの採用によって、ブランド躍進の立役者はどう進化したのか。最高出力300psを誇るトップグレードで確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ【海外試乗記】 2019.7.3 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、メルセデスの中核SUV「GLC/GLCクーペ」にマイナーチェンジが施された。しかし“単なるマイチェン”と思うなかれ。ドイツ国内でステアリングを握った筆者は、その変わりっぷりに驚かされたのだった。
ホームへ戻る