「ダイハツ・ブーン」をスポーティーにメイクアップ

2017.10.03 自動車ニュース
「ダイハツ・ブーン シルク」(「ブラックストライプパッケージ」装着車)
「ダイハツ・ブーン シルク」(「ブラックストライプパッケージ」装着車)拡大

ダイハツ工業は2017年10月3日、小型乗用車「ブーン」の上級グレード「シルク」にアクセサリーパーツのパッケージ商品である「SPORZA(スポルザ)リミテッドパッケージ」を設定し、販売を開始した。

 
「ダイハツ・ブーン」をスポーティーにメイクアップの画像拡大
「ブーン シルク」(「レッドストライプパッケージ」装着車)
「ブーン シルク」(「レッドストライプパッケージ」装着車)拡大
 
「ダイハツ・ブーン」をスポーティーにメイクアップの画像拡大

今回のスポルザリミテッドパッケージは、車両にスポーティーな印象をもたらすエクステリアパーツやエアロパーツ、ストライプ柄のステッカーなど計13点をひとつのパッケージとしたもの。「ブラック」のボディーカラーに推奨される「ブラックストライプパッケージ」と、「マゼンタベリー」のボディーカラーに推奨される「レッドストライプパッケージ」が用意される。

ダイハツは2017年1月の自動車イベント「東京オートサロン」に、「シャレード デトマソ」や「ミラTR-XX」といった往年のホットハッチの要素を盛り込んだコンセプトカー「SPORZA」シリーズを出展していた。

スポルザ リミテッドパッケージの内容は以下の通り。

【ブラックストライプパッケージ】

  • フロントグリル(ブラック)
  • フォグランプカバー(マゼンタ)
  • ドアミラーカバー(ブラック)
  • ドアアウターハンドル(ブラック)
  • リアクオーターガーニッシュ(マゼンタ)
  • バックドアガーニッシュ(ブラック)
  • リアリフレクターカバー(マゼンタ)
  • フロントロアスカート(ブラック)
  • サイドストーンガード(ブラック)
  • リアロアスカート(ブラック)
  • フードストライプ(ブラック)
  • ルーフストライプ(ブラック)
  • サイドストライプ(ブラック)

【レッドストライプパッケージ】

  • フロントグリル(レッド)
  • フォグランプカバー(レッド)
  • ドアミラーカバー(レッド)
  • ドアアウターハンドル(レッド)
  • リアクオーターガーニッシュ(ブラック)
  • バックドアガーニッシュ(レッド)
  • リアリフレクターカバー(レッド)
  • フロントロアスカート(ブラック)
  • サイドストーンガード(ブラック)
  • リアロアスカート(ブラック)
  • フードストライプ(レッド)
  • ルーフストライプ(レッド)
  • サイドストライプ(レッド)

価格はオープン。

(webCG)

関連キーワード:
ブーン, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ブーン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • トヨタ・カローラ/カローラ ツーリング/カローラ スポーツ【試乗記】 2019.10.11 試乗記 1966年以来の伝統を誇る「トヨタ・カローラ」の現行モデルに、4ドアセダンとワゴンの「ツーリング」が登場。専用設計のショート&ナローなボディーを持つ日本仕様の出来栄えやいかに? 足まわりに改良を受けた「カローラ スポーツ」の走りもあわせて報告する。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.26 試乗記 今や軽自動車の主流と呼べるほどの人気を誇るスーパーハイトワゴン。その元祖というべき「ダイハツ・タント」が4代目に生まれ変わった。新たなシャシーやパワートレインに加えて、強力な先進運転支援システムを手にした新型の出来栄えを確かめた。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る