三菱が欧州に向けて「エクリプス クロス」を出荷開始

2017.10.04 自動車ニュース

三菱自動車は2017年10月3日、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の、欧州向け量産車の出荷を開始した。

エクリプス クロスは、三菱のコンパクトSUV「RVR」とミッドサイズSUV「アウトランダー/アウトランダーPHEV」の中間にラインナップされる新型車である。

愛知県岡崎市にある三菱の岡崎製作所で生産され、まずは欧州、その後は豪州、北米、そして日本へと展開される予定で、2017年度は約5万台の出荷が予定されている。今回出荷された第1便は、欧州に到着後、順次販売が開始される。

エクリプス クロス(欧州仕様車)のスペックは以下の通り。

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4405×1805×1685mm
  • エンジン:1.5リッター直4ターボエンジン
  • 駆動方式:FFまたは4WD
  • トランスミッション:6段MT(FF)/CVT(FF・4WD)
  • 最高出力:120kW/5500rpm
  • 最大トルク:250Nm/1800-4500rpm

(webCG)

2017年10月3日に、欧州に向けて出荷された「三菱エクリプス クロス」。
2017年10月3日に、欧州に向けて出荷された「三菱エクリプス クロス」。拡大

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • 三菱エクリプス クロス<PHEV>プロトタイプ(4WD)【試乗記】 2020.10.19 試乗記 三菱のコンパクトSUV「エクリプス クロス」が大規模なマイナーチェンジを受けた。ボディーサイズの拡大やデザイン変更などトピックは多いが、なんといってもメインはプラグインハイブリッドモデルの追加設定だ。発売前のプリプロダクションモデルでその仕上がりを確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.30 試乗記 クリーンディーゼルを搭載する、手ごろなサイズのSUV――「三菱エクリプス クロス」のディーゼルモデルは、日本国内ではなかなかレアな存在だ。では、その乗り味はどうか? 市街地から高速道路、ワインディングロードまで試乗して確かめた。
  • ダイハツ・タフトG(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.13 試乗記 見るからに個性的な、軽クロスオーバー「ダイハツ・タフト」。しかし、ちまたのSUVブームにのっかっただけのニューモデルと侮るなかれ。とくに趣味の多いユーザーは、このクルマの商品力の高さに驚かされることだろう。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
ホームへ戻る