三菱が欧州に向けて「エクリプス クロス」を出荷開始

2017.10.04 自動車ニュース

三菱自動車は2017年10月3日、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の、欧州向け量産車の出荷を開始した。

エクリプス クロスは、三菱のコンパクトSUV「RVR」とミッドサイズSUV「アウトランダー/アウトランダーPHEV」の中間にラインナップされる新型車である。

愛知県岡崎市にある三菱の岡崎製作所で生産され、まずは欧州、その後は豪州、北米、そして日本へと展開される予定で、2017年度は約5万台の出荷が予定されている。今回出荷された第1便は、欧州に到着後、順次販売が開始される。

エクリプス クロス(欧州仕様車)のスペックは以下の通り。

  • ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4405×1805×1685mm
  • エンジン:1.5リッター直4ターボエンジン
  • 駆動方式:FFまたは4WD
  • トランスミッション:6段MT(FF)/CVT(FF・4WD)
  • 最高出力:120kW/5500rpm
  • 最大トルク:250Nm/1800-4500rpm

(webCG)

2017年10月3日に、欧州に向けて出荷された「三菱エクリプス クロス」。
2017年10月3日に、欧州に向けて出荷された「三菱エクリプス クロス」。拡大

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.30 試乗記 クリーンディーゼルを搭載する、手ごろなサイズのSUV――「三菱エクリプス クロス」のディーゼルモデルは、日本国内ではなかなかレアな存在だ。では、その乗り味はどうか? 市街地から高速道路、ワインディングロードまで試乗して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • 三菱エクリプス クロス ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.16 試乗記 三菱のコンパクトSUV「エクリプス クロス」に、待望のディーゼルエンジン搭載モデルが追加された。輸入車やマツダ車などを中心に人気を集める“SUV×ディーゼル”の組み合わせだが、果たしてその出来栄えは……!?
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.5.10 試乗記 三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に試乗。クーペスタイルの見た目から“オシャレ系SUV”と判断しがちだけれど、だまされてはいけない! 「ランエボ」由来の4WDシステムや高いボディー剛性を備えた、実に真面目なクルマに仕上がっているのだ。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る