「三菱RVR」の特別仕様車「アクティブギア」登場

2017.10.05 自動車ニュース
「三菱RVRアクティブギア」
「三菱RVRアクティブギア」拡大

三菱自動車は2017年10月5日、コンパクトSUV「三菱RVR」の特別仕様車「RVR ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を発表した。同年11月16日から販売を開始する。

「RVRアクティブギア」のインテリア。
「RVRアクティブギア」のインテリア。拡大
オレンジの差し色で飾られたヒーターコントロールダイヤル。
オレンジの差し色で飾られたヒーターコントロールダイヤル。拡大
17インチアルミホイールは、ブラックで塗装される。
17インチアルミホイールは、ブラックで塗装される。拡大
 
「三菱RVR」の特別仕様車「アクティブギア」登場の画像拡大

今回のRVRアクティブギアは、アウトドア用品のイメージを内外装のデザインに取り入れた特別仕様車。同様のモデルは、「デリカD:5」や「アウトランダー」でもラインナップされている。

ベースとなるのは、RVRの上級グレード「G」で、太陽や炎をイメージしたというオレンジを差し色とした内外装や、機能的な装備が特徴とされる。

主な特別装備は、以下の通り。

【エクステリア】

  • オレンジのLEDデイライトカバーおよびドアミラー
  • ブラックのフロントスキッドプレート、17インチアルミホイール、ベルトラインモール
  • ルーフレール
  • ACTIVE GEAR専用デカール

【インテリア】

  • オレンジステッチ入りのステアリングホイール、シフトノブ、センターアームレスト、フロアコンソールニーパッド、パーキングブレーキレバー
  • オレンジのヒーターコントロールダイヤル
  • ブラックのパワーウィンドウスイッチパネル
  • オレンジとシルバーのステッチを採用したスエード調人工皮革のコンビシート
  • 運転席および助手席のシートヒーター
  • 運転席パワーシート
  • 合成皮革のドアトリム
  • スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)

ボディーカラーは「チタニウムグレーメタリック」「ホワイトパール」「ブラックマイカ」の全3色。価格は以下の通りで、それぞれSDA非装着車は6万4800円安となる。

  • RVRアクティブギア(FF車):252万0720円
  • RVRアクティブギア(4WD車):275万7240円

(webCG)
 

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る