「三菱RVR」の特別仕様車「アクティブギア」登場

2017.10.05 自動車ニュース
「三菱RVRアクティブギア」
「三菱RVRアクティブギア」拡大

三菱自動車は2017年10月5日、コンパクトSUV「三菱RVR」の特別仕様車「RVR ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を発表した。同年11月16日から販売を開始する。

「RVRアクティブギア」のインテリア。
「RVRアクティブギア」のインテリア。拡大
オレンジの差し色で飾られたヒーターコントロールダイヤル。
オレンジの差し色で飾られたヒーターコントロールダイヤル。拡大
17インチアルミホイールは、ブラックで塗装される。
17インチアルミホイールは、ブラックで塗装される。拡大
 
「三菱RVR」の特別仕様車「アクティブギア」登場の画像拡大

今回のRVRアクティブギアは、アウトドア用品のイメージを内外装のデザインに取り入れた特別仕様車。同様のモデルは、「デリカD:5」や「アウトランダー」でもラインナップされている。

ベースとなるのは、RVRの上級グレード「G」で、太陽や炎をイメージしたというオレンジを差し色とした内外装や、機能的な装備が特徴とされる。

主な特別装備は、以下の通り。

【エクステリア】

  • オレンジのLEDデイライトカバーおよびドアミラー
  • ブラックのフロントスキッドプレート、17インチアルミホイール、ベルトラインモール
  • ルーフレール
  • ACTIVE GEAR専用デカール

【インテリア】

  • オレンジステッチ入りのステアリングホイール、シフトノブ、センターアームレスト、フロアコンソールニーパッド、パーキングブレーキレバー
  • オレンジのヒーターコントロールダイヤル
  • ブラックのパワーウィンドウスイッチパネル
  • オレンジとシルバーのステッチを採用したスエード調人工皮革のコンビシート
  • 運転席および助手席のシートヒーター
  • 運転席パワーシート
  • 合成皮革のドアトリム
  • スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)

ボディーカラーは「チタニウムグレーメタリック」「ホワイトパール」「ブラックマイカ」の全3色。価格は以下の通りで、それぞれSDA非装着車は6万4800円安となる。

  • RVRアクティブギア(FF車):252万0720円
  • RVRアクティブギア(4WD車):275万7240円

(webCG)
 

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション/Gプレミアムパッケージ【試乗記】 2018.9.15 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。既にデビューから6年目となる同車だが、走りの面での古さは皆無。三菱が手塩にかけて育てたことで、今やプレミアム感すら漂わせるクルマへとステップアップしていた。
  • 「三菱パジェロ」、人気のオプションを標準装備 2018.10.11 自動車ニュース 三菱自動車は2018年10月11日、大型SUV「パジェロ」を一部改良し、販売を開始した。今回は、機能装備の拡充を図っている。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
ホームへ戻る