「三菱RVR」の特別仕様車「アクティブギア」登場

2017.10.05 自動車ニュース
「三菱RVRアクティブギア」
「三菱RVRアクティブギア」拡大

三菱自動車は2017年10月5日、コンパクトSUV「三菱RVR」の特別仕様車「RVR ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を発表した。同年11月16日から販売を開始する。

「RVRアクティブギア」のインテリア。
「RVRアクティブギア」のインテリア。拡大
オレンジの差し色で飾られたヒーターコントロールダイヤル。
オレンジの差し色で飾られたヒーターコントロールダイヤル。拡大
17インチアルミホイールは、ブラックで塗装される。
17インチアルミホイールは、ブラックで塗装される。拡大
 
「三菱RVR」の特別仕様車「アクティブギア」登場の画像拡大

今回のRVRアクティブギアは、アウトドア用品のイメージを内外装のデザインに取り入れた特別仕様車。同様のモデルは、「デリカD:5」や「アウトランダー」でもラインナップされている。

ベースとなるのは、RVRの上級グレード「G」で、太陽や炎をイメージしたというオレンジを差し色とした内外装や、機能的な装備が特徴とされる。

主な特別装備は、以下の通り。

【エクステリア】

  • オレンジのLEDデイライトカバーおよびドアミラー
  • ブラックのフロントスキッドプレート、17インチアルミホイール、ベルトラインモール
  • ルーフレール
  • ACTIVE GEAR専用デカール

【インテリア】

  • オレンジステッチ入りのステアリングホイール、シフトノブ、センターアームレスト、フロアコンソールニーパッド、パーキングブレーキレバー
  • オレンジのヒーターコントロールダイヤル
  • ブラックのパワーウィンドウスイッチパネル
  • オレンジとシルバーのステッチを採用したスエード調人工皮革のコンビシート
  • 運転席および助手席のシートヒーター
  • 運転席パワーシート
  • 合成皮革のドアトリム
  • スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)

ボディーカラーは「チタニウムグレーメタリック」「ホワイトパール」「ブラックマイカ」の全3色。価格は以下の通りで、それぞれSDA非装着車は6万4800円安となる。

  • RVRアクティブギア(FF車):252万0720円
  • RVRアクティブギア(4WD車):275万7240円

(webCG)
 

関連キーワード:
RVR, 三菱, 自動車ニュース

三菱 RVR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロ ファイナルエディション(4WD/5AT)【試乗記】 2019.7.26 試乗記 かつてスキー場の駐車スペースを埋め尽くすほどの人気を誇った「三菱パジェロ」が、日本を去ろうとしている。初代モデルから37年の歴史を持つ同車の“進化の最終形”をうたう特別仕様車「ファイナルエディション」に試乗し、別れのあいさつを交わした。
  • ホンダ・ヴェゼル モデューロX【試乗記】 2019.12.23 試乗記 「どんな道でも、誰もが楽しく運転できるコンプリートカー」を目指して開発される「モデューロX」シリーズ。コンパクトSUV「ホンダ・ヴェゼル」をベースとする最新型は、その理想を実現するクルマに仕上がっているか?
  • 第64回:「パジェロ」から始まった4WDの“民生化”
    都市を支配したオフローダーの変節
    2019.12.12 自動車ヒストリー 洋の東西を問わず、今日の自動車市場で大きな存在感を示しているSUV。このジャンルが成長を始めた際、その旗手となったのが「三菱パジェロ」だった。長年にわたりブームを主導しながら、ニーズの変化によって姿を消すこととなった時代の寵児の歴史を振り返る。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【レビュー】 2020.1.14 試乗記 すでに本国ドイツでは新型となる第8世代モデルがデビューする中、日本に上陸したのが「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」だ。最高出力290PS、最大トルク380N・mの2リッターターボユニットを積んだ、日本仕様の「GTI」では史上最強をうたう限定車の実力やいかに!?
  • 三菱が「エクリプス クロス」を一部改良 フロントドアにイルミネーションを追加 2019.12.25 自動車ニュース 三菱がクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」を一部改良。フロントドアのインナードアハンドルとドアグリップ、ボトルホルダーにLEDのイルミネーションを採用したほか、特別仕様車ブラックエディションでは、インテリアをブラックで統一した。
ホームへ戻る