メルセデス、「AMG GT」シリーズを一部改良

2017.10.26 自動車ニュース
「メルセデスAMG GT」
「メルセデスAMG GT」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年10月25日、「メルセデスAMG GT/AMG GT S」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
メルセデス、「AMG GT」シリーズを一部改良の画像拡大
 
メルセデス、「AMG GT」シリーズを一部改良の画像拡大
 
メルセデス、「AMG GT」シリーズを一部改良の画像拡大
 
メルセデス、「AMG GT」シリーズを一部改良の画像拡大

今回の改良では、往年のレーシングカー「300SL」をほうふつとさせる「AMGパナメリカーナグリル」を両モデルに採用。またエンジンに改良を施すことで、AMG GTでは最高出力を476ps、最大トルクを630Nmに、AMG GT Sでは最高出力を522ps、最大トルクを670Nmにそれぞれ向上させた。

装備の充実化も図っており、「AMGリア・アクスルステアリング」「レザーDINAMICAルーフライナー」「AMGイルミネーテッドステップカバー」「AMGエクステリアナイトパッケージ」をAMG GT Sに標準で採用した。

このほかにも、クロームの外装部品からなる「AMGエクステリアクロームパッケージ」や、カーボンの装飾部品からなる「AMGエクステリアカーボンパッケージ」を新たにオプション設定。ホイールのラインナップについても、AMG GTには「19/20インチAMGクロススポークアルミホイール」(鍛造)を、AMG GT Sには「チタニウムグレーペイント19/20インチAMG5スポークアルミホイール」および「マットブラックペイント19/20インチAMGクロススポークアルミホイール」(鍛造)を追加設定した。

インテリアでは、シートベンチレーター付きの「AMGパフォーマンスシート」「AMGパフォーマンスステアリング」で構成される「AMGパフォーマンスシートパッケージ」や、AMG GT S専用のナッパレザーをふんだんに使ったフルレザーパッケージを設定。内装色や、各部に使用される素材についても選択肢の幅を広げている。

価格はAMG GTが1690万円、AMG GT Sが2000万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.5.19 試乗記 メルセデスのルーミーなコンパクトモデル「Bクラス」に、クリーンディーゼル搭載モデルが登場。とことん家庭的なクルマかと思いきや、そのスポーティーな走りとデザインは、筆者の予想を大きく上回っていた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2020.3.24 試乗記 内外装のデザイン変更やユーザーインターフェイスの改善など、ブラッシュアップが図られたメルセデスAMGのフラッグシップ2ドアクーペ「GT」シリーズ。ラインナップの中で最も硬派な「GT R」をワインディングロードに連れ出し、その進化を確かめた。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.14 試乗記 “クラス最強”をうたう、最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積んだハイパフォーマンス4ドアクーペ「メルセデスAMG CLA45 S 4MATIC+」に試乗。高速道路とワインディングロードでその走りを味わった筆者は、深く感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る