発売10周年を記念した特別な「三菱デリカD:5」登場

2017.10.26 自動車ニュース
「三菱デリカD:5シャモニー」
「三菱デリカD:5シャモニー」拡大

三菱自動車は2017年10月26日、ミニバン「デリカD:5」の特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」を発売した。

「デリカD:5シャモニー」のインテリア。
「デリカD:5シャモニー」のインテリア。拡大

今回のシャモニーは、デリカD:5の発売10周年を記念した特別仕様車。クリーンディーゼルエンジンを搭載する「D-Power package」(8人乗り)がベースとなっている。

白銀の世界をイメージして、エクステリアとインテリアの各所をシルバーカラーでドレスアップ。さらに、クリアタイプのメッキリアガーニッシュやホワイト天井照明、はっ水機能を加えた専用スエード調人工皮革のシート地を採用することで、冬の特別仕様車らしい装いとした。

主な特別装備は、以下の通り。

  • ダーククローム調塗装を施した18インチアルミホイール
  • テールゲートのCHAMONIXエンブレム
  • ボディーサイドの10th Anniversaryピンストライプ&デカール(メッキ調)
  • メッキを施したドアミラー、アウタードアハンドル、フォグランプベゼル
  • メッキリアガーニッシュ(クリアタイプ)
  • はっ水機能を付加した専用スエード調人工皮革のシート地
  • シルバーステッチ入りシート
  • アルミペダル(アクセル、ブレーキ)
  • ルーフビームガーニッシュ(ホワイト天井照明)
  • ルームマップランプ(フロント)
  • ピアノブラックパネル(アッパーグローブボックス、パワーウィンドウスイッチパネル)
  • 10th Anniversaryロゴ入りセンターパネル
  • 運転席パワーシート(スライド、リクライニング、ハイト、チルト)

価格は以下の通り。ボディーカラーは、「ウォームホワイトパール」「ダイヤモンドブラックマイカ」「ウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリック」の全3色が用意される。

  • シャモニー(MMCS装着車):383万4000円
  • シャモニー(MMCS非装着車):365万6880円

(webCG)
 

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • 第618回:タフさが魅力の「三菱デリカD:5」 そのアシにピッタリのタイヤとは? 2020.4.22 エディターから一言 大胆なデザインチェンジからはや1年。ヘビーデューティーなミニバン「三菱デリカD:5」にあらためて試乗。あわせて装着したトーヨータイヤのSUV用タイヤ「オープンカントリーR/T」とのマッチングを、オンロードとオフロードでチェックした。
ホームへ戻る