「トヨタC-HR」に特別仕様車“LEDエディション”登場

2017.11.02 自動車ニュース
「トヨタC-HR S“LEDエディション」。ボディーカラーは「ブラック×センシュアルレッドマイカ」。
「トヨタC-HR S“LEDエディション」。ボディーカラーは「ブラック×センシュアルレッドマイカ」。拡大

トヨタ自動車は2017年11月2日、コンパクトSUV「C-HR」に特別仕様車“LEDエディション”を設定し、販売を開始した。

「C-HR S“LEDエディション」。こちらのボディーカラーは「ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン」。
「C-HR S“LEDエディション」。こちらのボディーカラーは「ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン」。拡大

今回の“LEDエディション”は、すべての光源をLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付きBi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を特別装備したことに加え、リアコンビランプもLED化。さらに、アウトサイドドアハンドルにはメッキ加飾を施している。

ボディーカラーは「ブラック×センシュアルレッドマイカ」などツートンカラーを4種、「メタルストリームメタリック」などモノトーンを4種の、全8タイプを設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S-T“LEDエディション”:254万0400円
  • G-T“LEDエディション”279万9600円
  • S“LEDエディション”267万円
  • G“LEDエディション”292万9200円

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ C-HR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • レクサスの上級SUV「RX」が一部改良 予防安全装備を強化 2020.7.22 自動車ニュース レクサスブランドの上級SUV「RX」が一部改良。パーキングサポートブレーキやブラインドスポットモニターが全車標準装備となったほか、アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)がフロントセンターコンソールとラゲッジルームに追加された。
ホームへ戻る