「トヨタC-HR」に特別仕様車“LEDエディション”登場

2017.11.02 自動車ニュース
「トヨタC-HR S“LEDエディション」。ボディーカラーは「ブラック×センシュアルレッドマイカ」。
「トヨタC-HR S“LEDエディション」。ボディーカラーは「ブラック×センシュアルレッドマイカ」。拡大

トヨタ自動車は2017年11月2日、コンパクトSUV「C-HR」に特別仕様車“LEDエディション”を設定し、販売を開始した。

「C-HR S“LEDエディション」。こちらのボディーカラーは「ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン」。
「C-HR S“LEDエディション」。こちらのボディーカラーは「ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン」。拡大

今回の“LEDエディション”は、すべての光源をLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付きBi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を特別装備したことに加え、リアコンビランプもLED化。さらに、アウトサイドドアハンドルにはメッキ加飾を施している。

ボディーカラーは「ブラック×センシュアルレッドマイカ」などツートンカラーを4種、「メタルストリームメタリック」などモノトーンを4種の、全8タイプを設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S-T“LEDエディション”:254万0400円
  • G-T“LEDエディション”279万9600円
  • S“LEDエディション”267万円
  • G“LEDエディション”292万9200円

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ C-HR の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.27 試乗記 発売1カ月後の受注台数が、月販目標の3100台を大きく上回る4万5000台に達したというトヨタの新型SUV「ハリアー」。その人気の秘密を探るべく、最上級グレード「ハイブリッドZ“レザーパッケージ”」を郊外に連れ出した。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
ホームへ戻る