「トヨタC-HR」に特別仕様車“LEDエディション”登場

2017.11.02 自動車ニュース
「トヨタC-HR S“LEDエディション」。ボディーカラーは「ブラック×センシュアルレッドマイカ」。
「トヨタC-HR S“LEDエディション」。ボディーカラーは「ブラック×センシュアルレッドマイカ」。拡大

トヨタ自動車は2017年11月2日、コンパクトSUV「C-HR」に特別仕様車“LEDエディション”を設定し、販売を開始した。

「C-HR S“LEDエディション」。こちらのボディーカラーは「ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン」。
「C-HR S“LEDエディション」。こちらのボディーカラーは「ブラック×ホワイトパールクリスタルシャイン」。拡大

今回の“LEDエディション”は、すべての光源をLED化した大型ヘッドランプ(オートレベリング機能付きBi-Beam LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDシーケンシャルターンランプ+LEDデイライト)を特別装備したことに加え、リアコンビランプもLED化。さらに、アウトサイドドアハンドルにはメッキ加飾を施している。

ボディーカラーは「ブラック×センシュアルレッドマイカ」などツートンカラーを4種、「メタルストリームメタリック」などモノトーンを4種の、全8タイプを設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S-T“LEDエディション”:254万0400円
  • G-T“LEDエディション”279万9600円
  • S“LEDエディション”267万円
  • G“LEDエディション”292万9200円

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR“GRスポーツ”【試乗記】 2019.12.2 試乗記 トヨタのクロスオーバーSUV「C-HR」に、スポーツコンバージョンモデル“GRスポーツ”が追加された。パワートレインには手をつけないライトなチューニングが特徴のGRスポーツだが、コースと時間がかぎられた試乗でも、標準車とのちがいがはっきりくっきりと感じ取れたのだった。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
ホームへ戻る