「日産セレナ」にスポーティーな「NISMO」が登場

2017.11.21 自動車ニュース
「日産セレナNISMO」
「日産セレナNISMO」拡大

日産自動車は2017年11月21日、ミドルクラスミニバン「セレナ」にスポーティーな「セレナNISMO」を設定し、販売を開始した。

専用デザインのグリルやエアダクト付きバンパーなどが装着されたフロントまわり。
専用デザインのグリルやエアダクト付きバンパーなどが装着されたフロントまわり。拡大
専用LEDハイパーデイライト
専用LEDハイパーデイライト拡大
専用サイドターンランプ付き電動格納式リモコンブラックドアミラー
専用サイドターンランプ付き電動格納式リモコンブラックドアミラー拡大
専用リアスポイラー
専用リアスポイラー拡大
専用17インチアルミホイール
専用17インチアルミホイール拡大
エクステリア同様、インテリアにも赤のアクセントがあしらわれている。
エクステリア同様、インテリアにも赤のアクセントがあしらわれている。拡大
スエード調素材が用いられた「NISMO」専用シート。
スエード調素材が用いられた「NISMO」専用シート。拡大
オプションの専用チューニングRECARO製スポーツシート。
オプションの専用チューニングRECARO製スポーツシート。拡大
NISMOのロゴと赤いフィニッシャが目を引く専用メーター。
NISMOのロゴと赤いフィニッシャが目を引く専用メーター。拡大
専用スポーツチューンドマフラー
専用スポーツチューンドマフラー拡大
ボディーカラーは4種類の「NISMO」専用色を含む、全7色の設定となっている。
ボディーカラーは4種類の「NISMO」専用色を含む、全7色の設定となっている。拡大

テーマは「迫力のスタイリング」と「爽快なドライビング」

セレナNISMOは、日産のモータースポーツ活動を担うNISMOのノウハウが取り入れられたセレナの高性能バージョンであり、家族全員でロングドライブを楽しむことができる使い勝手の良さや快適性を損なうことなく、「迫力のスタイリング」と「爽快なドライビング」が追求されている。

エクステリアはスタイリッシュなデザインを重視するとともに、専用設計のフロントバンパーやリアスポイラーなどの採用により空力性能を改善。内外装ともにNISMOのアイコンカラーである赤のアクセントをあしらうなど、ドライバーの気持ちを高揚させるスポーティーな演出も施している。ボディーカラーは4種類のNISMO専用色を含む、全7色の設定となっている。

こうしたデザイン上の変更に加え、専用のボディー補強やサスペンションチューニングなどにより、高速走行でも安心できる高い安定性と気持ちのよいハンドリングも実現。パワープラントについては、専用チューニングのコンピューター(ECM)とスポーツチューンドマフラーにより、気持ちの良い加速フィーリングもかなえているという。

セレナNISMOの専用装備は以下の通り。

<エクステリア>

  • 専用LEDハイパーデイライト(車幅灯連動)
  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントバンパー(エアダクト付き)
  • 専用サイドターンランプ付き電動格納式リモコンブラックドアミラー
  • 専用サイドシルプロテクター
  • 専用リアスポイラー
  • 専用リアバンパー
  • 専用17インチアルミホイール
  • アウトサイドドアハンドル(ダーククローム)
  • バックドアフィニッシャー(ダーククローム)
  • NISMO専用エンブレム(フロント・リア)

<インテリア>

  • 専用本革・アルカンターラ巻き3本スポークステアリング(レッドセンターマーク、レッドステッチ、ガンメタクローム加飾付き)
  • 専用本革巻きシフトノブ(レッドステッチ付き)
  • 専用コンビメーター(NISMOロゴ入り、レッドフィニッシャー)
  • 専用アドバンスドドライブアシストディスプレイ(7インチカラーディスプレイ)(ドライビングコンピューター付き、時計、外気温表示)
  • 専用センタークラスター(ダークシルバーフィニッシャー)&NISMO専用エンブレム
  • 専用レッドフィニッシャー(エアコン吹き出し口、プッシュエンジンスターター)
  • 専用ブラックトリム(ピラー、ルーフ、サンバイザー、バックドア)
  • 専用スエード調インストパッド(レッドステッチ)
  • 専用スエード調シート地&ドアトリムクロス(レッドステッチ)
  • 専用チューニングRECARO製スポーツシート<前席>(メーカーオプション)

<ボディー/シャシー/エンジン/ほか>

  • 専用ボディー補強(フロントクロスバー、フロントサスペンションメンバーステー、センタークロスバー、センターサブメンバー、センターサブメンバーブラケット、センターアンダーブレース、リアクロスバー、リアサブメンバー、リアサブメンバーサポート)
  • タイヤ「ブリヂストン・ポテンザ アドレナリンRE003」(205/50R17 93W)
  • 専用サスペンション(スプリング、ショックアブソーバー、リア強化スタビライザー)
  • 専用車速感応式電動パワーステアリング
  • 専用チューニングコンピューター(ECM)
  • 専用スポーツチューンドマフラー
  • 専用VDC(ビークルダイナミクスコントロール<TCS機能含む>、OFFスイッチ付き)

<装備/安全>

  • プロパイロット
  • ハンズフリーオートスライドドア<両側>(挟み込み防止機構付き)
  • LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付き、プロジェクタータイプ、シグネチャーLEDポジションランプ付き)

価格は341万9280円。

(webCG)
 

関連キーワード:
セレナ, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産セレナe-POWERハイウェイスターV(FF)【試乗記】 2018.2.28 試乗記 日産の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した、その名も「セレナe-POWER」が新登場。クローズドコースでの試乗を通じて、先にデビューした「ノートe-POWER」との違いや、ファミリーカーに採用した意義について考えた。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”(FF/CVT)【試乗記】 2018.9.7 試乗記 トヨタ伝統のロングセラーである「カローラ」シリーズに、久々のハッチバック「カローラ スポーツ」が登場。ライバルひしめくCセグメントのど真ん中に投入されたニューモデルの出来栄えを、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
ホームへ戻る