「トヨタ・ノア」に、モノトーンで装った特別仕様車

2017.11.24 自動車ニュース
「トヨタ・ノアSi”W×B」
「トヨタ・ノアSi”W×B」拡大

トヨタ自動車は2017年11月24日、ミニバン「ノア」に特別仕様車「Si”W×B(ダブルバイビー)”」を設定し、販売を開始した。

ブラック&フロマージュのカラーで仕立てられた「「ノアSi”W×B」のインテリア。
ブラック&フロマージュのカラーで仕立てられた「「ノアSi”W×B」のインテリア。拡大
インテリアカラーは、ブラック(写真)も用意される。
インテリアカラーは、ブラック(写真)も用意される。拡大
スモークメッキが施された、バックドアガーニッシュ。
スモークメッキが施された、バックドアガーニッシュ。拡大

今回の特別仕様車はノアの上級グレード「Si」のガソリン車、およびハイブリッド車をベースに、ボディーカラーには「ホワイトパールクリスタルシャイン」「ブラック」「ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク」「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」の全4色を設定。インテリアカラーは特別設定色の「ブラック&フロマージュ」と「ブラック」を用意し、モノトーンの世界観を演出している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • インテリアカラー:ブラック&フロマージュ(特別設定色)/ブラック
  • アウトサイドドアハンドル:メッキ
  • バックドアガーニッシュ・リアコンビネーションランプガーニッシュ:スモークメッキ
  • 専用エンブレム(ハイボスカル)
  • インサイドドアハンドル(フロント・リア):メッキ
  • LEDルームランプ(フロントパーソナル・センター・リア)
  • リアオートエアコン(リアクーラー+リアヒーター)
  • ドアトリムオーナメント(フロント:合成皮革巻き/リア:合成皮革巻き)
  • 専用ヒート表皮(合成皮革+ファブリック&ホワイトステッチ/消臭機能付き)
  • ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドア(デュアルイージークローザー+挟み込み防止機能付き)
  • 6スピーカー

価格は以下の通り。

  • ガソリン車・FF・8人乗り:283万9320円
  • ガソリン車:FF・7人乗り:286万9560円
  • ガソリン車・4WD・8人乗り:303万3720円
  • ガソリン車・4WD・7人乗り:306万3960円
  • ハイブリッド車・FF・7人乗り:336万3120円

(webCG)

関連キーワード:
ノア, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ノア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • トヨタ・ヴォクシー ハイブリッドV 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.10 試乗記 ありそうでなかった、「ノア/ヴォクシー」のハイブリッドモデル。先ほど新たに加わったハイブリッド仕様は、ベストセラーミニバンの“足どり”をどう変える? ヴォクシー ハイブリッドの最上級グレード「V」に試乗した。
  • ミツオカ・バディ 2020.10.29 画像・写真 光岡自動車は2020年10月29日、新型車「Buddy(バディ)」のデザインを初公開した。バディはミツオカにとって初のSUVであり、「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」というコンセプトのもとに開発されたという。正式発表を前に公開された同車の姿を、写真で紹介する。
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
ホームへ戻る